2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 試作品 第3号へ向けて! | トップページ | 庚申山<お山巡り経由>~皇海山 日帰り »

結婚披露宴

2010年10月30日(土)raintyphoon 前職場の管理栄養士さんから結婚披露宴の招待を受けていたので、葉山ゲストハウスC33へ行ってきた。生憎の空模様。海沿いのため、尚更風雨と海が荒れているのがよく見えた。

主役のお二人は、24歳と26歳。介護施設で管理栄養士として食材などの発注をかける彼女。それを受けて搬入してきていた彼。それが出会いのキッカケheart01

026私が居宅で毎晩22時近くまで残業していた頃、それこそ毎日のように恋愛相談…というより「お姉さん、聴いて、聴いて~。」状態で、毎回30分~1時間程度、彼の話を熱く熱く語っていた。どう聴いても相思相愛に思えたが、本人としては元カノがうんたらとか、まあ恋の悩みは尽きないようだった。若い二人の恋の過程は、自分もそういう時代があったなぁと思い出させてくれるもので、先はわかっていても、いつも仕事の手を止めひたすら聴いていた。
あれから約3年、同棲を始め、入籍も済ませ、そして今日は森戸神社で婚儀を済ませてこの披露宴が催されたのだ。

082彼女がご両親への手紙を読む途中で詰まると、彼が優しく背中に手を回し支えていた。
微笑ましかったconfident

最後に両家のご両親と一列に並び、新郎の父親からの挨拶。そして最後の最後は参加者に向けて新郎が挨拶。
多分、挨拶文は考えていたのだろうけれど、支離滅裂、感情が溢れて涙も溢れて何を言っているんだか状態。でもそれが参列者の心を強く打った。新郎につられてもらい泣きしそうになった。
こんなに優しく、情に深い男性はなかなかいないのではないかなぁ。真っすぐで一生懸命で、本当に素敵だった。きっとSちゃんは幸せで居続けられるheart02そう確信した場面だった。
おめでとう。いつまでもいつまでもお幸せにheart04


« 試作品 第3号へ向けて! | トップページ | 庚申山<お山巡り経由>~皇海山 日帰り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

sabuyan、にゃんこ、本当に楽しくて素敵な披露宴だったし、二人はきっとこれから益々大切なものを育んでいくんだろうな。
補い合える関係っていいよね。 言いたいことが言い合えるのもいい。そんな二人でしたheart01

‘ヤバくね?’さん、も一回本人に訊いてみたらいいですよwink
仲間を大事に思うからこそのご意見、理解できます。
でもご安心ください。ヤバいことはありません。顔をよくみてください。本人でしょうか?
そういうことです。

めでたいけどさぁ…今までみたいに本人と家族と彼氏とかなのならいいけど、被写体のお二人さんもここの写真の事ご承知?
知らない間に載っけられちゃったならちょっとヤバくね?
かなりヤバくね?

めでたいね~heart02

raintyphoonで大変だったけど 心に残る結婚式だっただろうなsign01

参列者も忘れられないよねflair

若きお二人御結婚おめでとうcrownring
前途あるお二人に幸多かれshineshinebeer

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1095177/37466547

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚披露宴:

« 試作品 第3号へ向けて! | トップページ | 庚申山<お山巡り経由>~皇海山 日帰り »