2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

~大晦日~

2010年12月31日(金) 今年最後の日ですね~。
皆さま、お世話になりました。お蔭さまでとても充実した一年でした。
今日は朝からお掃除、洗濯、お買物、お正月の準備など、こんなギリギリになって頑張りました。009

ようやく鉢にガーデンシクラメンとノースポールを植え、玄関飾りも整い‘らしく’なりました。

そうそう、お買物から帰ってきたら買っていない年越しそばが2パック入っていた。
ムム…? それも別袋。一体いつの間に私の腕にぶら下がっていたのだろうか?
どう考えてもわからない。

ということで、私のところへ迷い込んだお蕎麦、有難くいただくことにしようhappy01

今晩は‘ダイナマイト’を観て燃えますsign01

どうぞ良い年をお迎えくださいますようにshine

マラソンWeb練習日記 第10回忘年会

2010年12月28日(火)、行ってきました! 第10回マラソンWeb練習日記の忘年会へbus

半蔵門駅から徒歩3分の所にある‘ふくおか会館’内の『網』というお店だった。
何せ田舎者だから半蔵門なんてわからない。ネットで調べて乗り継いで駅まで行き、HPから地図を印刷して持参したのにさっぱり方角がわからず、駅から3分のはずが15分かけて辿り着いた。地図と一緒に磁石を持参すれば良かったのだthink

一応ギリで集合時間前に到着。受付で会費の¥4050を支払い、席を決めるための‘くじ’を引いたら10番だった。番号順の席ではなく、バラバラに数字が置いてあるので探すのに苦労する。そうしたら一番奥の角に10番を発見、着席する。お隣は‘汐っこ’さんという若い女性だった。彼女も山登りからRUNに入り、今はトレイルランの3大レース(富士登山競走・北丹沢12H耐久・ハセツネ)を目標に毎日10km、そしてそれ以外にもマラソンをしているという話。興味深いな~。私の目標と全く同じでビックリsign01ドッキリsign01でも、そのためにしているトレーニングにはあまりにも差があり恥ずかしくなったdown

同じ目標を持つ人に初めて会ったので、話が盛り上がろうという時に「逗子女さん、席間違ってますよ。」ってことで、10番は10番でも黒字の席に私は座っており、私のは赤字だった。焦りつつ、謝りつつ、赤字の10番席へ移動sweat01

001お料理に近い(バイキング)丸テーブルだったrestaurant
テーブルには‘志ん一さん’という、富士登山競走とWeb杯でご一緒させていただいた男性一人が座っており、この方のほのぼのムードで緊張も和らぎながら楽しくお喋りさせていただいたbeer 

乾杯の音頭から始まり、Webの管理人であるイッキさんのご挨拶、今年度から参加の新人自己紹介(私も)、忘年会役員挨拶…諸々ありつつ、飲んで食べて喋って賑やかに楽しい時間は過ぎていく。002

バイキングは適度な種類と内容で、私としては満足だった。もちろん人一倍いただきましたdelicious

走っている人、スポーツにいそしんでいる人というのは快活だsign01初対面でも親近感がある。私は自分から席を離れて挨拶に回れるタイプではないのだが、1度しかお目にかかったことのない人、初対面の人までも気軽に声を掛けてくださってありがたかった。

女性陣は皆さん、より明るい。自然体で楽しんでいるという感じが素敵shine 
最高齢は男性の77歳でした。それでマラソンができるなんて凄いなぁ~。
イッキ管理人が、現在のWeb日記在籍者は2080名と言っていた。3名?から始まったそうだが10年間でここまで成長し、またこうして走る定例会、そして飲み会と幹事になる人がしっかり居て継続されていく素晴らしさ。
こんな皆さんと知り合うことができ、お仲間に入れていただいて刺激を受け幸せを感じている。仲間と一緒だからできることってあると思うなー。私のように弱っちい人間は特に。
来年の富士登山競走完走、頑張るぞpunch  皆さん、ありがとう。これからもよろしくお願いしますnotes

そうそう、驚くべきことに、私のブログを数名の方が見て下さっていたようで「ありがとうございます。」
温泉シーンのブログ写真、特段何も考えずに載せてきたけれど、目の前で一緒に見るとなんか私はすごい恥ずかしいことを平然としているんだってことに気付いたcoldsweats02
あ、でも‘山’と‘温泉’はセットであり、物語の大切な締めくくりですからこれからも温泉紹介は続けますよぉ~ ね、くりおさん!

Christmas 2010…☆

12月20日(月)~21日(火)と1泊入院でPEG交換をしてきたhospital
3月に胃瘻を造設し、10月に1回目の交換でバルン型を挿入。そして今回が2回目の交換となった。何事もなく無事に帰苑でき一安心confident
次回は2月にまた1泊入院での交換だ。バルン型は交換時に痛みがほとんどなく、本人にとっての侵襲が少ないということで選んだPEGだが、2ヶ月に1回の入退院・交換という移動や環境の変化が母に悪い影響を与えなければいいなぁと思っている。
004
母へのクリスマスプレゼントpresentは、タオル地のパジャマにした。
次のお風呂の時に着てもらうことにしようnote

ボールをエラの下に挟んでから、寝息が静かで苦しそうなことはほぼなくなった。
職員さんも忘れずにきちんと入れてくださるのでありがたい。016

これはクリスマスには付き物のシュトーレン。
以前の職場絡みでお付き合いのあったヘルパーさんからの贈り物だpresent
一緒に仕事をしていた頃に彼女から初めてこの‘シュトーレン’を教えてもらった。以後、毎年クリスマスの時期になると手作りで下さっていたのだった。
その職場を離れてから2年半。今年また届いたので驚いたeye彼女はヘルパーからケアマネジャーへ転職したはずだが、今何処で働いているのかさえ知らず、久し振りに電話をかけてみた。すると変わらぬぶっきらぼうだけれど丁寧な、温かい声が聴こえてきた。
「去年は大事な犬が亡くなってしまい、クリスマスという気分にはなれなかったのでシュトーレンも作らなかったんです。今年はまた作ったのでぜひ…」ということだった。ありがたいお気持ちclover
彼女はヘルパーといえど、事業所から独立し介護保険外ヘルパーとして一時期サービスに入ってもらっており、ご利用者はもちろんのこと、私も随分助けられたものだ。
一緒に頑張った月日があり、お互いを認め合える仕事をしてきたことがこのシュトーレンに込められているようでとても嬉しい。そして本当に彼女の作るシュトーレンは抜群に美味しいのだ。
彼女は介護保険業界から離れて仕事をしてみようかと思うと話していた。以前の彼女からは到底想像のつかない言葉であるが、居宅ケアマネジャーとして2年働いてきた彼女の理想と現実のギャップ、色々な葛藤が想像できるだけに理解もできる。
純粋であればあるほど矛盾を感じる制度でもある。
どんな仕事であっても彼女は彼女らしさを失うことはないだろう。来年、彼女が何をしているのか楽しみだ。

友人と塔ノ岳

2010年12月24日(金) 山登りは六国峠周辺の経験のみという友人と塔ノ岳に登ってきた。
彼は服も靴も街ファッション?的な装備で、雨具は釣り用を持参していた。最初は初心者男性にありがちな大股でガッツリ登りなので、「ゆっくり、ゆっくり控えめに。」と促しながら見晴らし茶屋と駒止茶屋の中間辺りまで一緒に登る。私がいつもトレーニングでこのルートを使っていることを知っている彼は、自分と一緒では私のトレーニングにならないと配慮してくれてか別行動を提案した。私はどちらでも構わなかったが、彼の状態を見た判断として、私が先に登頂して下りてくれば一緒に引き返すであろう、もしくはそこからゆっくり一緒にもう一度登頂でもいいと思われ先に行かせてもらうことにした。012

今日は晴れsunてはいたが、雲cloudが多く、富士山も南アルプスも見ることはできなかった。010











しかし、ご覧の通り山頂の木々には氷がついて白く美しかった。いつもなら尊仏山荘でコーヒーcafeを飲むところだが、山頂休憩2分で急いで下山とした。
友人とは花立山荘前で合流。登頂はしないということで、そこからはテンポ良く一緒に大倉まで下山となった。021

そして久し振りに昼食に‘さか間’でお蕎麦を食べた。ついでに‘おでん’もあったのでそそられてしまったconfident

これは‘かき揚げそば’
いやサクサクだけれど、ボリュームがあり過ぎで食べきれなかった。 嬉しい悲鳴happy02

この後、湯花楽spaへ寄り帰路へ着く。

彼は多分、明日辺り筋肉痛に悩まされることだろうsmile

志水ガイドの忘年会2010&塔ノ岳

12月18日(土)18:30~志水哲也ガイド主催による忘年会が丹沢の戸沢山荘で開催された。
午前中に母のケアや用事を済ませ、正午には大倉へ着きrvcar、塔ノ岳に登った。こんな時間から登るのは初めてじゃないかな。下ってくる人の方が断然多かった。006
今日は天気が良くsun、風もほとんど無く、午後だというのに穏やかで最高のコンディションだった。

登りは1時間36分。
山頂ではなんと‘塔ノ岳氏’と遭遇。そしてお知り合いの方も1名。
観音茶屋辺りで私を見掛けており、早く追いついてこないかと思っていたというが、追いつけるわけがないcoldsweats01 「noriさんとわかっていたら一緒に登ったのに。」とも言って下さったが、私としてはそんな苦しいことは…そもそも付いては行けないし…山頂での出会いで何よりでしたhappy01note
下山はお二方とご一緒させてもらいました。1時間ちょっとをかけて下ってくださったので、お喋りしながら楽しいひと時でした。
話の中で、塔ノ岳氏は家族旅行に行っても一人で朝方は別行動で山に入るなんて話を伺い、「え~っ、それは家族は寂しいかも。」って言ったら、もう一人の方も「僕もそんなモンです。」だって。彼は北鎌尾根を日帰りする恐ろしい人らしいが、やはり特別な能力を持った人は日常もそうなんだなー。でも考えてみれば、それでも家族サービスというか、一緒に楽しむこともきちんとしている彼らはタフで優しいんだなぁと思った。010
下山後はいつもの‘湯花楽’spaに寄り、サッパリして温まり、戸沢山荘へと車を走らせたrvcar

到着すると既にお料理とお酒でテーブルは埋め尽くされていた。

今日は志水ガイド恒例の忘年会であり、お誕生日でもある。
そして甲武信岳で働いているKさんの結婚祝い、利尻山写真集を11月に出版した林久夫さんのお祝いも兼ねて賑やかに宴は始まった。

サダコさんのお料理の奮闘ぶりはいつもながら素晴らしいsign01008

これは仔豚の丸焼きpig リアルだcoldsweats01
志水ガイドが子供の頃に中華街で目にしていた‘仔豚の丸焼き’ いつか食べてみたいと憧れていたそうだが、とうとう念願が叶う日が来たのだ。有志7名?(ガイドのお客さん)が1万円ずつ出し合ってのプレゼントpresent014

切り方の説明書を横でAさんが読み上げながら、志水ガイドが切り分ける。

016

そして手元に来た仔豚ちゃんがコレである。
コラーゲンというか、脂というか、全てたっぷりでジューシー。お肉は柔らか~い。お肉そのものの甘みや味わいがあるので、マスタードを付けていただいた。滅茶苦茶美味しいhappy02 初めて食べる旨味だった。
皮はパリっとと言いたいところだが、噛み切れないほど固くなっていた。019


このように最後は甲武信岳小屋オーナーの?さんが見事に切り分けて下さって、仔豚ちゃんはこのような姿になりました。
完食することが食べる側の務めですよね。

皆さんは今宵は山荘泊まり。
翌日仕事の私は、これから盛り上がるという20時過ぎには場を抜け出し帰路についた。

皆さん、おめでとうございますribbon
これからもよろしくお願いしますconfident

再びのディズニーシー ~躓きの一日~

2010年12月14日(火) 先月に引き続いて、またまたファンタジアどんの案内で‘ディズニーシー’へ行ってきた。
今回は3人で一段とにぎやかな一日だった。007

行きは横浜からシーへの直通バスsubwayを利用した。初めて利用するバスだったが、朝から迷ってしまい、約束のバスに乗るのにギリになってしまったsweat01 待ち合わせた同僚も迷って慌てたらしく、コーヒー片手に息が荒かったhappy02

ファンタジアどんとは10時にシーの入口で合流。

まずは食べることから始まった。
‘マンマ・ビスコッティズベーカリーズベーカリー’にてドリンクとパンbread 私はしっかり朝食を食べて行ったにも関わらず、ケーキもしっかり注文。これで元気に遊べるnote009

このお店はメディテレーニアンハーバーに面しており、屋外ベンチで気持ちがいい…はずだったが、生憎の雨でベンチは濡れており、早速持参したお尻敷きシートが活躍した。

おかしいなぁ。昨日の予報だと午前9時には雨は上がるはずだったのに012despair

Mさんが今回シーへ行くことになった発起人。目的はダッフィーのぬいぐるみご購入。沢山居る中から好みの顔を物色中…一番欲しかったウインターバージョン衣装を着たダッフィーはどこの店舗でも売り切れでゲットできず、ストラップ、ぶら下げ用、背中がチャックになっているタイプと嬉しそうに買っていた。013

‘ビッグバンドビート’を観るために、順番待ちで並んでいる最中。

この指もMさん。
何故指先にこんな生クリームがついてしまったのかsign02
いえいえ違います。これハンドクリーム。こうして指先に塗ってから伸ばしていくんだって。マメだeye015

雨が止まない。…お尻にシートは敷いていたが、パンツまでしっかり濡れてしまったcatface

今日のメインsign01地中海料理レストラン『HOTEL MIRACOSTA オチェーアノ』restaurant
なーんて言ったらファンタジアどんに叱られてしまうけれど、ここのビュッフェは滅茶苦茶私好みで、ある種の感動を覚えたconfident

14:30開演の‘レジェンド・オブ・ミシカ’をここの店内から観る予定で入店した。

ここはビュッフェ形式で、制限時間は120分。混んでいたので先に受付だけ済ませ、13:40分まではお買い物。入店は14時前になっていた。

手前にメインディッシュとなるお肉や魚料理のコーナー、中央には野菜中心のサラダ類、そして種類豊富なパン。奥にはデザートcakeが数種類happy02

022
店内は海の世界をモチーフに造られており、3つのスペースがある。私達が通されたのは‘シェルルーム’といって曲線的な貝をイメージした空間だった。
しかしこの席からだと目的の‘レジェンド・オブ・ミシカ’が観られない。ファンタジアどんとしては、奥のパールルームに案内されることを計算していたのだった。なのでそのガッカリぶりは可哀相なくらいだった。
でも、私達二人は食い気が先なのでニッコニコ020

まだお皿に1回しか食べていない辺りでショーが始まってしまった。他のお客さん達は席を立ち、ショーを観るためにテラスへ出て行った。つまりお料理の前はガラガラになっており、ゆっくりと好きな物を選び、美味しく味わうことができたhappy01

けれどミッキー好きのファンタジアどんにとっては食べることは後の後。ミシカのショーにも色々なミッキー(中に入っている人が異なる)が居る中、今日は久し振りに一番好きなミッキーが出演しているという。(踊る姿でわかるというから凄い!)
それなのにこんな遠くに居る自分、私達は食い気に走って観もしない状況にショックを受けてこのいじけポーズだcoldsweats01
本当に泣きそうな顔weep

私達がほぼ全種類のお料理を少しずつ食べるのとは違い、ファンタジアどんは好きな物のみ専門で食す。見よ、フルーツ2種とサーモンのサラダだけだeye
ショーが終わってもしばらく、いや大分長くグズグズと嘆いていたが、Mさんからしきりに慰められ、気を取り直し…というより焼けになって‘クリスマス・ウイッシュ’の抽選を自分でやると買って出た。025


ついていない日は何をやってもダメなものだ。
1日1組につき1回しかできない抽選。
見事にハズレdown
落ち込むより壊れるファンタジアどんであった。045

この後‘ミスティックリズム(ジャングルに棲む精霊と動物立ちのダンスショー)’や人魚姫アリエルのミュージカル‘アンダー・ザ・シー’、ウミガメのクラッシュとお喋りを楽しむ‘タートル・トーク’、そしてこの写真の‘セブンライツ・オブ・クリスマス’などを観て回り閉園まで楽しむ。049 050

今日のポイントflair

ディズニー内では色々な被り物が売られており、歩く人を見ているだけでも結構楽しいのだが、この亀を被っている男性1名がやたら怖い顔をして歩いているのが全然場に似つかわしくなく印象的だった。逆に笑えたので、私達もマネしてみる。

ファンタジアどんは正にこの表情が今日の運の悪い一日を象徴しているかのようだcoldsweats01048

ディズニー狂いのファンタジアどんがシーで一番お気に入りの夜景ということで紹介してくれた場所。
全体的なライトアップが静かに観賞できるなるほどの場所だった。

落ち込んだ気分の中、最後まで案内を続けてくれたファンタジアどんにお疲れ様、ありがとう。
Mさんとファンタジアどんの噛み合わないトークが面白い一日でもあったhappy01

嵐の後の塔ノ岳 

2010年12月4日(土) 前日朝までが暴風雨typhoonで、夜になっても風が強く、行くか行くまいか迷っていたけれど、当日朝には風はほぼなく快晴sun 
土曜日であり、絶好のコンディションなので、塔ノ岳さんは1番バスで橋本駅までの記録狙いだろうから追い抜かれざまにお会いできる。塔211さんは尊仏山荘に8時半頃着だと伺っていたので、その時間を目指して塔ノ岳まで登ってきた。

010【コースタイム】往路;大倉登山口06:56→駒止茶屋07:39→花立08:14→塔ノ岳山頂08:31
復路;塔ノ岳山頂08:55→大倉登山口10:28

写真はいきなり尊仏山荘でのコーヒータイムcafe 
塔211さんも到着したてのご様子で、着替えをされるところだった。そして私が来るかと思ったということで、ロールケーキまで準備して下さっていたshine 感謝感激happy02
いつも美味しいコーヒーがまた一段と美味しく感じられるのであった。015

塔211さんとのツーショットcamera
ロールケーキも食べ終わり、ご満悦な私。017

今日は素晴らしい見晴らしで、富士山はもちろんのこと、南アルプスの連なる峰々も美しく白い姿を現していた。

020塔211さんと一緒に大倉登山口まで下山。

花立から上の霜はこんなに立派だった。
前を行く姿は軽やかな塔211さんである。

023花立近くから湘南の海が輝いているサマを撮影。空気が冷たくて透き通っているようで気持ちがいい。

大倉登山口でお別れし、私は‘湯花楽’へ。今日はのんびりせずに帰路についた。
029昼過ぎでもこのお天気では134号線は渋滞だ。車窓からの1枚。
波は高めだった。こんな波だったら、鎌倉アルプスレースの時の海の中歩きは恐ろしかっただろうなぁと思いつつ、母のところへと急いだ。

登り途中で予定通り、塔ノ岳さんはリズミカルな鈴の音を響かせながら「橋本までです!」と、挨拶をしながら駆け登っていかれた。さすがである。この絶好のコンディションでは当然の記録狙い。
毎週続く根気も素晴らしい。
また塔ノ岳3~4回/日の時期になったら少しゆっくりお話もできるかしら。

丹沢の季節、よろしくお願いします。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »