2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 江ノ島散歩 | トップページ | 第3回 道志村トレイルレース 関門突破ならず! »

.・.・.母の日.・.・.

2011年5月8日(日)は、日勤~残業で、施設の前を車で通過したのが20時を過ぎてしまったため、面会は諦めた。
通常の面会は17:30までなのだが、夕食介助をするためとか、目的(必要なケア)のある場合?はある程度融通をきかせてくれるのだ。
とはいえお年寄りの皆さんは20時ともなればすっかり就寝時間なので、そこに訪問するのは迷惑となる。002

昨日がお休みだったので、こんなこともあろうかとカーネーション&白バラの小さな花束と、パジャマを先にプレゼントpresentしておいた。

このトトロの植木鉢は去年の母の日に購入したものだ。
普段は奥の観葉植物を入れてあるのだけれど、この時期にはやはりカーネーションがいいなぁ。

「見て見て!」と声は掛けたものの、ちっとも視線はこちらに向かなかったけれど、ベッドの位置からは見える場所にあるので、数日のうちのいつかは目に留まるかもしれない。

母は生きていてくれるだけでありがたい。たまーのたまに笑顔を見せてくれたり、ムニャムニャと言葉を発してくれるととっても嬉しい。私にとって必要な人。

最近は上腕の拘縮が進んで(右<左)いるので、腕の関節運動に力を入れている。
介護して下さる施設の皆さんにとっても、母自身にとっても着替えが楽にできるように。
パジャマもそういう観点から、着心地が良くて、着替えのしやすい物を選んだつもりだけれど、母のような人のためのパジャマももう少し色柄形を含めて色々あるといいのになぁ。

お母さん、いつもいつもありがとうheart02

« 江ノ島散歩 | トップページ | 第3回 道志村トレイルレース 関門突破ならず! »

お母さん日記」カテゴリの記事

コメント

のりちゃん、コイツらのコメント 消すなよ。happy01こんなんでも一応 俺の財産だからな!smile 記録として残しておきたい。 一寸の虫にも 五分の魂ってネ!scissorswinkshine

一応 反響はあったな。手応えはないけどgawk。 人間 恥かいたもん勝ちだってことを 人生経験として覚えときな!bleahdash note

名無しさん、そういわずに。
ほっといたって。

真面目にトンチンカンなこと書いとるコメント、
ほんまにおもろい;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。

勝手に一人でやってろ!

先の新聞記事の中で特に自分が刮目したのは、不便さを乗り越えて工夫しながら仕事を遂行する中で、誰もが以前にも増して明るく生き生きとしているように見えたというくだりです。これは大変重要なことを示唆してます。この上ない不便さの中でこそ人間はハングリー精神を取り戻し、そのハングリーさの中においてこそ最大限に無意識の潜在能力を発揮できる。すなわち自分自身を取り戻すことであり、不便な生活の中でこそ真の自由に到達しうる事実です。言い方を変えて言えば、意識の余計な夾雑物=『雑念』を排したことによって、意識の中に溜まった余分で無駄な贅肉や脂肪を削ぎ落とし、まるで鍛えた筋肉のように洗練された意識の塊は、雑念のない透明な澄んだ境地となって、極度に冴え渡る集中力と精神力を発揮しうるという現実です。不便さの中で覚醒した意識は、精神を解放して真の自由を得ることが出来る。それを裏付けているのが記事にある「誰もが明るく生き生きしているように見えた」という報告です。ここに幸せの鍵がある。物質的に明るく便利で快適で、経済的な豊かさと繁栄の中において、12年連続で毎年3万人の人が自殺します。日本の見て来た豊かさの繁栄は 幸せの幻影だったのかも知れません。‥

続き《エレベーターの使用自粛は 階段周辺の整理整頓はもとより階段の昇降回数を減らす為に 段取りを考えながら仕事を進める自覚を植え付けました。始業時間を早めた結果、電話が集中する時間帯よりも前に仕事を片付けるようになり非常に効率的になりました。以前の明るさに慣れた目には 現在の社内は確かに暗く感じます。しかし お昼は明るい窓際に机を移動して仕事するなど知恵を働かせて上手く対処し、社員から不平不満は一切出ませんでした。生活リズムが改善されたこともあり、誰もが以前に増して明るくなり 生き生きしているように感じられます。それは意外な効果でした。夜道を明るく照らす街頭は犯罪を防止する上では有効ですが、必要以上に明るく照らし 電気に頼りきりになっていたこれまでの生活は果たして正常だったと言えるでしょうか。無駄に対して鈍感になっていたとしたら、人として進歩していたとは言えないのでは‥。未曾有の災害に遭った今、私達は大きなターニングポイントに立ってます。誤りを改めるよい機会です。昔の暮らしの美点に目を向けて無駄を省くとシンプルな生き方やライフスタイルが残ります。それは「禅」の思想にも繋がる日本文化のひとつの形でもあります》※一部省略しました。

新聞『SANKEI EXPRESS』(産経エクスプレス)にこんな記事が載ってました。前田義子さんの文章で「美しい気配」と題して、-昔ながらの日本の暮らしには趣が溢れていて 蝋燭に灯を燈すように心を穏やかにしてくれます-との副題が付いてます。記事を一部抜粋します。《今回の原発事故で 東京に住む私たちは福島県で作られた電力を ただ浪費してきたことを痛感します。地震と津波によって想定外の被害を受けた原子力発電所は 近隣住民に過酷な犠牲を強いています。それを目の当たりにし、電気に対して鈍感ではいられません。それで私は会社や自宅で節電に対する意識を徹底することにしました。まず会社の始業時間を早めました。サマータイムの導入です。同時に 銀座の本店では お客様がいらっしゃる場所以外の電灯は使わないことにしました。太陽光発電設備も視野に入れて。サマータイム導入については賛否両論ありましたが、実際に節電とともに導入したところ思わぬ影響が現れて来ました。始業が早まると早起きしなければならず 早起きするとそのぶん早く眠くなる。明るい昼間は極力消灯し夜も必要最低限の灯りだけにしたため 社員は明るいうちに仕事を片付けようとの意識が芽生えて 残業が激減しました‥》続く

[追記]宿命は変えることは出来ないが 運命は変えることが出来る。→ これを『諸行無常(しょぎょうむじょう)』といいます。諸行無常だからこそ、運命は変えられる。そのために良い縁(人的にも物質的にも)を作っていく努力をする。そうすると、徳を積むことが出来るようになるから、その積んだ徳が良い縁を生かして良い結果を生み出す。それが機縁となって、さらにまた徳を積み上げてゆき、さらに良い運命を作る機縁となってゆく。自ら積み上げた徳が、良い機縁に繋がってゆき、新しい運命を創造してゆく。そうやって悪しき宿命に根差した悪い運命をも、徳を積んだ良い縁次第で、いくらでも変えてゆくことが出来る。良くも悪くも因縁因果の法則によって、因果応報の法則は、僕たちの人生を規定する自然界のシステムであると思う。ブッダは原始仏典の中でその原理を説き明かし、その究極に輪廻転生の思想があることを明らかにした。その輪廻転生の束縛の鎖(くさり)からの脱却が仏教の真髄であり、涅槃(ねはん=ニルバーナ)の思想として、教法の中で説き明かします。それがブッダの思想であり哲学の根幹なのです。【ケンチャンの仏教講座-② 終わり】

今回の災害の悲劇はもとはと言えば人間の煩悩にあると思います。煩悩とは自然の欲求をはるかに超えたエゴイスティックな欲望であり自分本意の生き方です。本来、人間には生きるための自然な欲望が備わってます。食欲、睡眠欲、性欲、生命と健康を維持するために必要な欲求です。これらは宿命であり必要な要素です。その延長線上に人間らしい生活を営む物質的経済的な営みを必要とします。しかしアジアで突出して精神的な民族だった日本は戦後政策の洗脳を受けてから、繁栄のためには手段を選ばない民族になってしまった。原発はクリーンなエネルギーだけど必要以上に電力供給をしようとした為に、自然の欲求をはるかに超えて物質的な繁栄の欲望を満たして来たように思います。それが自然災害の可能性を無視した原発の大量生産に繋がり今回の悲劇を生んだのだと思われます。まさにブッダが説くように、人類は自ら欲望のままに破滅の連鎖を作り、悪しきカルマを増大させてしまった。物質経済の繁栄と引き換えに日本の文化的な暮らしの精神的な伝統を根こそぎ奪った。今こそ昔ながらの素晴らしい日本の伝統と精神的土壌を復活させるチャンスです。それが言いたくてこれを書きました。【ケンチャンの仏教講座-① 終わり】

ブッダゴータマは 原始仏典において言ってる。人間も動物たちも、生きとし生けるものはいつかは死す(=生じたものは必ず滅する)という《宿命》を持ってる。また人間が生きるためには動物や植物を殺して食べなければ生きられない。これも自然界の宿命であり避けることは出来ない。男は男としての制約を受け、女は女としての制約を受けて生きる。日本に生まれて日本で生活するならば、日本の法律や慣習に則って生活しなければならない。これもまた宿命として受け入れるしかない。すなわち宿命というのは変えられないが《運命》は変えられる。個人個人の持つ運命は変えることが出来る。例えば癌体質の人は癌になりやすい体質を遺伝子的に受け継いでいるが、癌になりにくい食生活や習慣的な要素を取り入れて生かすことによって、癌が発病しないことになります。つまり遺伝子的に受け継いだ癌体質という宿命は変えられないが、癌になりにくい縁を作り習慣を変えることによって癌にはならない。つまり宿命は変えられなくとも、癌になるという《運命》は変えられる。ブッダは、人間の宿命および運命を規定する原動力として輪廻転生の存在を示し、輪廻転生の原動力として《業》(=カルマ)の存在を示しました。

旧約聖書では世界が大洪水によって終末を迎えようとする時、ノア箱舟を造ってみんなに呼びかけた。「天地が怒り、もうすぐ大変なことが起きるから‥みんな箱舟に乗りなさい!」って言ったけど、みんな悠長に構えていて「そんなこと起きるもんか!‥ノアの嘘つき!、ペテン師!」って言ってノアの忠告を受け入れず無視した。そして大洪水が町や村を襲い、世界を飲み込んでしまう。ノアの言葉を信じて受け入れた人々は箱舟に乗って助かった。その時に馬や牛や鳥や猫や犬などの動物も一緒に箱舟に乗り込んで助かった。仏典においてもブッダが命の大切さを説き、人間や動物はもとより、蜂や蝿や蚊など小さな昆虫に至るまで、生命あるものは殺してはいけないと説いた。なぜならば その動物や昆虫たちもまた 前世では人間として暮らしていたかもわからないから。行いが悪くて動物や昆虫に生まれ変わって来たけど、もとは人間だったかも知れない。また来世は人間に生まれ変わるかも知れない。だからむやみに殺すなと。旧約聖書のノアも新約聖書のイエスキリストも、原始仏典のゴータマ・ブッダも、生命の重さについて人間と動物の区別を付けてない。生きる命はみな尊い。動物たちも助けてやるべきだ。

ケンチャン、私は山を『天職』とは思っていないよ。
癒しであり、鍛錬であり、人生を示唆してくれる場になっているとは思う。
そして今の職種については、真髄では私に向いているとは思うのだけれど、実際は職業が同じであっても、その職場職場で求められるものが違うし、利益追求本位だったり、どこに主軸を置くかの考えが看護や介護の本質とは異なる判断が多い。別業務も多くて矛盾と苛立ちも絶えないよ。でもそこで雇ってもらうことで生活が成り立っており、それも含めて仕事だと思ってるよ。正義感が勝ってしまうと職場には続かなくなるからね。
生活も成り立たなくなるし。

ペコちゃん、愛犬と暮らすペコちゃんだからこその視点ですね。
私も家族の一員だったぺちゃとはなを置いていくだなんて考えられません。
皆さん、辛いことでしょう。賛同させてもらいます。

福島第一原発はメルトダウンしてる。極めて深刻な状況です。昨日、箱根周辺の茶畑のお茶が出荷停止になりました。箱根のお茶っ葉から安全基準値を大幅に上回る放射能が検出されたからです。箱根の茶畑がやられたってことはすなわち、放射能はすでに湘南・横浜を含む神奈川県はもとより関東圏全域をすべて汚染しているということです。昨日は猛暑だっので、家中の窓を開け放して風を入れて(ついでに放射能も入れて‥)大の字になって寝てたsleepy。だって暑いんだものsign01(;_;)/sweat01 仮に窓を閉めてエアコンを入れたら、室外機から吸い込んだ大量の風が放射能ごと家の中に入ってくる。エアコンも使わず窓も閉めた状態で過ごしたら部屋の中は蒸し風呂になり、放射能で死ぬ前に熱中症で死んでしまう。つまりどうあがいても逃げようがないってこと。うちも猫を飼ってるから、万が一東海地震で原発の放射能が漏れ出たら抱っこして逃げます。一緒に住んでる動物は家族であり、癒しであり、人間と愛情の絆で結ばれてる。一緒に居てあげないと可哀相だし、飼い主にとっても深い心の傷となります。

原発は一旦暴走しだしたら放射能を撒き散らし子子孫孫まで影響を及ぼすものだと今回の福島第一の事故は日本国民皆さんに衝撃を与えました。警戒区域内にとり残された牛、馬、豚や犬、猫等のペット達はどうなってしまうのだろうか?皆さんが心配しておられるところです。牛や馬のえさやりの映像が流されそれらを放置したまま警戒区域外に出ざるえない苦悩する人達の映像を見るにつけ何故動物たちも一緒に助け出せないか?といつも疑問に思います。おっしゃるとおり1頭、1匹でも多くの動物たちの命も助かってほしいものです。

こんばんは。
記事とは関係ないコメントで失礼します。

この度の震災における原発事故で、政府が警戒区域内に残された
家畜の殺処分の決定を発表し、既に殺処分が始まっています。
もはや一刻の猶予も残されていません。
どうか一頭でも多く助けられるよう下記の緊急提言にご賛同いただけませんでしょうか?
http://freepets.jp/
どうぞよろしくお願いいたします

あ~あ、恋をしてみたいもんだなァ-hearthappy01/ dash shine人生に燃えるような恋をさsign01happy01/ dash

Taxiは自分の適職だけど天職ではない。生活のために経済的な糧(かて)を得る手段を「適職」というが、好きこそものの上手なれってのが《天職》なんだhappy01。お金の価値では計れない、生きるための生き甲斐となっている精神的な支えこそが天職だよねhappy01。のりちゃんにとって介護や看護の仕事はまさに適職だが、貴女の天職は《山》だねhappy01。趣味の範囲をはるかに超えて精神的な糧であり、生きるために命のよりどころとなっている登山は、天から授かった才能を存分に発揮できる貴女の天職であり、ほんとうの使命だと思っています。僕にとって宗教的なテーマは創作活動のエネルギー源であり、純粋な創造意欲の泉なのです。

個人Taxiは目標の一つだけどゴールではなく一里塚happy01。幾つもの星が連なって夜空の星座を形成している感じだ。自分の夢はオリジナルな傾向が強いのでいろんな要素が段階的に必要なのかも知れませんhappy01。まずは基礎体力を付けるために自分に合ったジムを探していたが、セントラルやルネッサンスなど理想的なジムは会費や料金が高額なので諦めたhappy01sweat01‥偶然見つけた横浜市の某区の公会堂は ルネッサンスやセントラルスポーツと全く同じジム内容で施設も充実scissors。施設のスペースはとても広く、セントラルやルネッサンスと同じ器具が全てオール完備されていて、シャワー室や更衣室もある。駐車場も完備car。男女のトレーナーが使い方を教えてくれた。しかも昼間はガラガラに空いている。女性が一人で黙々とマシーンで走っている。ボディビルマシーンで筋力トレーニングに余念がない男性が一人、黙々と鍛えていた。新しくて広々とした体育館では、会社帰りにサラリーマンやOLの人達と一緒に球技にも自由参加できるtennisnote 区の施設だから¥300円と安価なのが嬉しいconfident。同区在住の人でなくても誰でも自由に使える。一流のスポーツセンターと全く同じトレーニング内容でしかも料金は300円と超破格sign01‥僕にピッタリの理想的なスポーツジムで、まずは汗を流してみたい!scissorshappy01 shine

道志村トレイルレースは距離41.3km、標高差1071mです。
実は標高差は尋ねていただいたので調べました。
5つの山を登ったり下りたりするのでもっとあると思っていました。
ちょっと残念ですが、久しぶりの山でありレースなので、シーズン最初にしたら適当なのかもしれません。自分の弱いところが強調されるレースになるだろうなぁ。
いずれにしても、身体を壊さない程度に、でも全力で頑張ってきますrun
応援ありがとうsign01

野鳥観察にはいい環境だと思うのですが、夜勤明けで寝ないで道志村まで運転rvcarし、受付やら説明会、そして温泉spaに入ってしまったら、なんだか朝まで爆睡sleepyしてしまいそうですcoldsweats01 もったいないんだけどなーdespair

ケンチャンの道… ケンチャンの道… 私にはわからないけれど、個人タクシー開業をまずは目指しているのでは?
私はやりたいことを一つ一つやっているだけだよ。一つ達成するとまた次が、というように次々沸いてきてしまうのだ。

道志村は神奈川県にあるのでしょうか。
(それとも他の県?)

そのような環境のなかでのキャンプですと、
アオバズクに限らずいろいろな夜の野鳥に
出会えそうですね。

人それぞれ歩む道は違うけど、のりちゃんは自分の信じた道を ひたすら真っ直ぐに歩んでいるね!!happy01 shine ‥俺の道は なんだろう。

道志川でのキャンプですか。良いですね。夜は沢のせせらぎも一段と高く聞こえその中でアオバズクに出会えると好いですね。
トレイルレースは41Kとのことフルマラソンとほぼ同じ距離ですね。高低差はどうなんでしょうか。
目標を持って前向きに生きている人は清らかですがすがしいです。
noriさん 明日明後日は
HAVE A NICE DAYsign01
HAVE A GOOD RUNsign03

頑張ってねup
フレーフレーcrown

今日は夜勤入りですが、明日明けたら母のところへ寄った後、道志村に向いキャンプをします。久し振りのテントです。森に囲まれ、川もあるところなので、ホッホ~が聴けるかもしれませんね。期待しています。
何故キャンプかというと、15日(日)7時スタートで道志村トレイルレースを走るためです。
41kmのレースなので、最近走っていない私には完走するだけでもかなりハードルが高い。ゆっくりでも関門突破しての完走狙いで頑張ってきますsign01

偉そうなこと言ったって、自分はまだ若いから(二十五歳のつもりscissors)、思い切り背伸びしまくってやるんだ。原発がなくなれば生活も経済も逼迫して僕自身大いに困窮してしまう。だけど「原発なんか要らない!」ってツッパッて、最後まで男の意地と痩せ我慢を通してやるんだ。国や電力会社への正当な怒りを伴った挑戦ではなく、失敗や挫折など人生のリスクを回避してすぐに納得しようとする自分自身への、精神的な情熱的な挑戦なんだ。

原発の歴史は“政官財”の利益誘導の歴史です。原発サイドと政府筋が真実を報じない背景には、おそらく巨額な賠償責任問題が絡んでいるからでしょう。震災直後から被災者の安否確認と行方不明者の捜索が最重点項目ですが、やがては巨額な賠償問題がクローズアップされて来ると思っていました。まさにいまその問題を巡って東電と国の双方が詰めの協議に入っています。原発というのは国策ですから、電力会社に限らずその関連企業と周辺企業および子会社に至るまで、長年に渡って莫大な利益を生んで来ました。それによって我々の生活が豊かになったことも事実です。電力会社は言うに及ばず、プロジェクトを推進した関連企業や組織体、政治家や関係省庁、そこからの天下り特殊法人を含め、原発の誘致を受け入れた自治体の利益配分に至るまで、数知れず多くの人脈と金脈が潤って来たのが列島をあげての原発プロジェクトです。これほど多くの原発が日本に本当に必須であったかどうかは、やがて歴史が証明してくれるでしょう。政官財の三身一体型システムが、国民の心理を巧みに利益誘導する中で、最も得意としているのが《情報操作》です。大切なのは自分の心と感性を信じて、次世代に希望の持てる未来を残してやることです。

皆さん、フクロウの話で盛り上がっている所に申し訳ないのだけど、現在の原発の状況の話をさせてほしい。福島第一原発の1~4号機が危機的状況は一向に変わりないのだけど、比較的損傷の少ないと言われている1号機。「完水」を目指しているが水位計を修理した結果、これまで高さ4mの燃料棒の半分以上、水につかっているとされていたのが実際は水が殆どたまっていないことが判明。燃料が溶けて圧力容器の底にたまり、かろうじて水で冷やされている可能性もあるということらしい。つまり格納容器から水が漏れている可能性が強まったとのことで、大幅な見直しを迫られることになりそうとのこと。2、3号機は1号機よりさらに状態が悪いようでどこから手をつけたらいいものだか現在調査中らしい。4号機は使用済み燃料プールがかろうじて原型をとどめていて、いつ崩壊してもおかしくない状態なので今後かなりの補強をする必要があるらしい。最近分かったのだが震災直後電源が全て喪失した状態にあった時に、電源車をどうにかこうにか現場まで運び入れた。ところが、どっこい電源車から電源ケーブルをはわして原子炉につなぎ冷却すれば、水素爆発も起きなく、原子炉を冷やすことが出来た。ところが、ところが、なんと電源ケーブルがどこにもなかった。たったひとつ電源ケーブルがなかったために2か月たった今でも出口の見えない危機的状況が続いているのである。そしてこの状況に至って政府・東電は本当に危機を認識しているのだろうか?国家的危機だから1~4号機まで、それぞれに人を大幅に増やして事にあたらないのか?そして何故1号機から4号機まで同時進行で改善する方向に持って行けないのか、遅々として進まない状況に苛立ちがつのるばかりである。

ホッホ~chickホッホ~chick
いいですね~confident

にゃんこのところにも来てくれるかなぁhappy01
楽しみにしてよ~っと。

いぶし銀さん

お宅の大ケヤキに今年もアオバズクが来たのですか。
いいですね。
きっと、安心して滞在できる環境なのですね。

美しい花と お店を見ている‥shine ほんとうに! (-_-)sweat02

そうですか。来てくれましたか。嬉しいですねconfident
雨戸と防音サッシすら通す声ってどんなでしょう。私も聴いてみたいですear
鎌倉の山にも居るという話を今日聞いたので、私も気にしてみよう。
でも夜しか鳴かないのでしょうね。典型的朝方人間の私にはかなり難しい。。
シルエット程度、見てみたいですね。そ~っとそ~っと。

お店でもないね~。

今晩は、noriさん
夜分遅くすいません。

5月9日未明 フクロウ来る。

夜中、ふと目が覚める。近頃は深夜に1・2回目が覚めることが多い。これも老化現象かと半ば諦めている。トイレに行こうとベットから起き上がった、その時。聞こえる。あの籠った様でいて良く透る鳴き声。
フクロウだ。
今年も我が家の大欅に来たのだ。夜間はアルミ製雨戸、防音サッシで戸締りしているがフクロウの鳴き声は室内にまで良く響いている。燕と同じ様に南方から渡ってきたのだ。着いたばかりなのかも知れない。
戸を静かに開けてウッドデッキに出ると闇が迫ってきた。しばらくすると道路の向こう側のお寺の方で鳴き始めた。その鳴き声は何かを呼んでいる様に聞こえ力強さをも感じた。
私は姿を確認できないまでも、もっと聞いていたい衝動をやっと抑えて室内に戻った。その時とっさに私はフクロウを邪魔してはいけない自由に飛び回って欲しいと思ったたらだ。
そして、少しばかり満ち足りた気分の中、再び眠りに落ちた。

追伸  “フクロウ”と表現しましたが正確には“アオバズク” あるいは“コノハズク”  かも知れません。 

ケンチャンがみているのはお花じゃないね~flair

ホント!‥小町通りにも次つぎに 美しく清楚で可憐な存在が、目に留まる季節になってきたね! shineshine heart (・∀・)/

あのトトロは鎌倉の小町通りの入口のお店で買ったのだけれど、他にも色々な種類があったと思うけれど忘れちゃったなー。どれも可愛かった印象は残ってる。

燕はそういうものなんだ。まだ施設の燕には会ってないなー。外はつい忙しく通り過ぎてしまうから、明日こそ気にして見てみよう。

次々に色々な花が目に留まる季節だね。
それと同時に雑草も元気が出てきたcoldsweats01

白や赤やむらさきの鮮やかなツツジの美しさに、目が釘づけとなる季節になりました(・∀・)/dash shine

お母さんの施設にも燕が営巣しているんだchick燕を見るとなんだかホッとするな。燕は人の出入りの多い家ほど営巣するって言うし、田んぼの稲の害虫とかを食べてくれるから昔から人に大事にされてきたから、燕が飛び交っているのを見ると今年もいつもの年と変わらず燕がやってきた。と、ついつい平和を感じてしまうんだね。燕さん、ようこそいらっしゃいませ。

母上様のいることろbuildingには 燕が巣を作って元気に飛び回っているんだよchickchickchick

燕が巣を作るとその家house?店building?は商売繁盛するって言うけど、どうなんだろうねshineshine
みなさまが 長生き出来るようにconfidentってお願いしておこう~happy01

枕元のトトロはお母さんを見守っている妖精みたいですね shine shine

ほんと、noriちゃんのお母さんに対する思いは頭が下がるよ。腕が回らなくなるようだけど、腕だけじゃなく筋肉は動かさないと衰えてくるだろうし、動かさないと関節とかが固まってくるだろうから、そうならないようにするには、かなり大変な努力をしているのだろうね。ほんと御苦労さま。昨年買ったトトロはなかなかおしゃれだし何か癒されるとと言うかなごむな。大変だけどこれからもお母さんをお大事になさってお母さんの力になってあげてね。燕、昨日忍野の田んぼの上を飛び回っていたよchick

お店屋さんで、同じトトロと違うバージョンも見つけたニャンflair
トトロが運転手さんで、電車ごっこみたくひっぱてるバージョンtulip
これもかわいかったなぁheart04

母上様を大切に思う気持ちが伝わってくるニャンshineshineshine
いつまでも 長生きして下さいねconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1095177/39920081

この記事へのトラックバック一覧です: .・.・.母の日.・.・.:

« 江ノ島散歩 | トップページ | 第3回 道志村トレイルレース 関門突破ならず! »