2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« マラソンWEB練習日記~団体戦~ | トップページ | 富士登山 馬返ピストン »

第13回 北丹沢12時間山岳耐久レース

2011年7月3日(日) 距離44.24km、高低差1143mを12時間の制限時間内に走る(歩く)のが、この北丹沢のレースだ。
日本三大山岳レースの一つである。

7月2日(土)は例によって夜勤明け。母のケアを済ませてから、会場である‘相模原市の青根緑の休暇村’へ向うrvcar 案の定の渋滞だったが、緊張感があるせいか、眠気防止に食べ続けたせいか運転中にはあまり眠くはならなかった。ただし胸やけ気味であるcoldsweats01001

会場への到着は14:30過ぎで、直ぐにエントリーを済ませ、ゼッケンやRCタグ(靴に着けて通過時刻をチェックするもの)、参加賞のTシャツをいただいた。

そして向ったのは‘いやしの湯spa
露天風呂が気持ち良かったconfident

お風呂上がりにここの座敷で‘ごぼう天’ ‘トマトサラダ’‘茄子のお浸し’を注文。

‘いやしの湯’の駐車場には協賛しているお店がズラリと並んでいる。そこで腕時計watchと手袋(汗ふき機能付き)を購入。トレイルラン用の腕時計は壊れ、違うものをしていたけれど、数字が光の加減でかなり見えにくかったのだ。軽くて可愛いくて見え易くて、レース中も助かった。

車はキャンプ場内の第一駐車場に停められた。到着はわりと早い方だった。スタート地点まで徒歩5~6分程度の距離である。
そして車中で早速寝ようと思っても、暑くて暑くて眠れる気温ではない。窓を開けても暑い。
それでも明けで疲れていたこともあり、20時半頃には眠りについたのだと思う。途中大汗で目が覚めたこともあったが、深夜には寒くなり、朝には綿毛布2枚を被って丁度良かった。002_2

4時半起床clock
ゆっくり洗面、朝食を済ませスタート地点となるキャンプ場の受付前の通りへ移動。

トレランザックには、アミノバイタル水1500mlと、アクエリアスのペットボトル500ml1本、行動食としてパワージェル4つ、アミノバイタルゼリー1個、そして塩の錠剤8つ、携帯電話、軽いタオル1本持参。
水分についてはさんざん迷った。重いのは良くないし、かといって今日の気温であれば熱中症にならないように補給も必要だ。今回は自分としては練習不足を感じていたこともあり、軽さの方を優先し、最後の最後でアクエリアス500mlを辞め、小さなボトルに変えた。これは最終的には正解だったと思う。水場できっちり水分補給をすることで、十分足りた。残ったくらいだ。008

友達から提供してもらったスタート地点の写真。

06:30に白ゼッケンである、前回完走者や、フルマラソン上位者は既にスタートを切った。
こちらピンクゼッケンは初参加もしくは去年完走できなかったグループで07:00スタート。私はこの中にいる。007

写真中央辺りに居るのだが、自分にしかわからないだろうconfident

6時半スタートの人が出払った後に直ぐに後ろから並んだ。
渋滞、停滞を避けるために、なるべく前に並んだのだが、これはあまりいい作戦ではなかったように思う。
登山道に入る前に1kmちょっとの登り坂が続くので、自然と遅い人は後方へ行くし、最初の登山道を抜けた後には10㎞のロードがあるのでこちらでも振り分けられる。
暑い中、30分一ヶ所にボーっと立って消耗する方が良くなかった。002

登山道に入るところは渋滞はしたものの、停滞ではなかったので救われた。

2つ目のロードを終えるところで水の補給場がある。これまでの2回は登山道に入る前なので渋滞を避けるために飛ばしてきたが、今回は1杯の水をいただいた。
そして登山道に入ったけれど、最初は渋滞はなかった。

けれどしばらく行くとずーっとずーっと長い停滞、渋滞にハマる。なのでザックをおろし、携帯電話を取り出し撮影も可能だったわけだ。そこまでの停滞は今回は2ヶ所。もう1ヶ所は第一関門を過ぎてから、岩場のロープの場所で連なっていた。その間に水分補給やジェル捕食、塩分も補給できた。
渋滞としてはあちらこちらの登りであった。けれど、ゆっくり登ることで足と体力を温存できたように思う。
いつも思うのだが、前の人に着いて行けなくなり、自分の後方が詰まっていたら道を譲るか左右のどちらかに少しでも寄って歩くなどの配慮は当たり前なことだと思う。遅い人に限ってそういうマナーに乏しい。自分はそうはならないようにこれからも心掛けたい。

第1関門で提供されるバナナ1本と、キュウリの浅漬けを食し、ペットボトルに水を満杯にして犬越路への登りへ突入。第1関門までの登りがゆっくりで身体に余裕が生まれたせいか、その後の登りが楽に感じられた。005_2
犬越路を過ぎてロードの長い下りに入る。樹林帯と違い、太陽の陽射しを受けるのでなかなか辛い。勾配が急になると自然と身体が重力で落ちて行くので走りも速くなる。
第2関門も無事突破。関門前に給水所が設けられている。たっぷりの水とレモンスライスを2枚いただく。そしてパワージェルを立て続けに2つ、塩の錠剤残6つ全て補給。011
ハイドレーションにも水を補充しようと開けたら、なんとまだ1/2ちかく残っていたので重くなるから辞めた。
初回参戦の時には30kmを超えた地点から足に痙攣を起こしてしまったのだが、今回は塩が効いているようで、逆に30kmを超えたあたりで身体の軽さを感じた。それも風巻ノ頭までだが。足の痙攣や疲れでコース脇に座り込む人が増えてくる。

袖平山ではボランティアのエイドステーションがあり、私が炭酸で一番好きなファンタを提供してくれた。これは嬉しかったし元気が出た。006_2
姫次まで歩く人が多い中、走ることが苦にはならなかった。
姫次で登りは終わり、ゴールまでほぼ下りとなる。疲れた足には約7.5kmの下りは堪える。それ以上に降りるほどに気温がどんどん上がり、暑さとの闘いが私には辛かった。012

キリマンジャロ仲間の彼は毎回大きなザックと麦わら帽子がトレードマーク。
これで完走するのだから凄い。013_2

足はボロボロ、体力も限界、惰性で走ってゴールmotorsports

20110703143109 

【記録】スタート07:00→第1関門通過10:17:42→第2関門通過11:57:32→ゴール14:31:01

【女性45歳以上種目別順位】 11位/完走者34名/エントリー47名

【女性総合順位】 35位/完走者127名/エントリー181名

 ※男性は1286名が完走

終わったconfident

反省すべき点は多数ある。
全ては練習不足に尽きるが、後半の下りが一番悪かった。消耗が激しかった。ただ、次に目指すのは富士山なので、こちらは登り一辺倒だからこれまでとは違ったトレーニングが必要だ。そして長距離ダラダラではなく、短時間集中で力を発揮しなければ完走は有り得ない。今のままでは全く及ばないので、22日まで残りは少ないが、なるべく現地へ行きトレーニングをするべきだと思っている。
もう気持ちは富士山へ向っているfuji

応援してくださった方、ありがとうsign01 
またひと頑張りしますので、よろしくお願いしますwink

« マラソンWEB練習日記~団体戦~ | トップページ | 富士登山 馬返ピストン »

トレイルラン&マラソン」カテゴリの記事

コメント

トホホsweat02
同じコメント入れてたねsweat01
入れ損なったと思ってたけど入ってたsweat02
ごめんねbearing

30分の壁・・・4時間半という時間に比しての30分は大きいんだよな~

少しでも時間を詰めるために、明日ももいっちょ頑張ってきます!

富士山登ってきたんだねhappy01
塔ノ岳様やひげじい様がいうように軽い装備にしたら30分は行けそうな気がしますheart04
のりちゃまは無理と言っても可能にしてしまう努力と根性があるからねwink
のりちゃま頑張ってねsign01

七夕の夜空はやはり今年も見えませんでしたね。

七夕というと、さださんの‘かささぎ’、そしてドリカムの‘7月7日、晴れ’が私の中では流れます。切ないメロディーなんだなー。
みんなも願い事はしたのかな?

ファンタジアどんの言う、彦星ミッキーってどんな格好なんだろう?
ミッキーには切ない影は感じないけれど、1年に1度のスタイルなんだろうね。
そのうち一緒に山行こうねーrun

昨日は初吉田口ルートから富士山、登頂してきたよ。
レースでは完走がかなり無理っぽいってことが確認できたcoldsweats01
でも諦めないからね~。

Happy Windさん、ありがとうございます。
進化・・・しているのでしょうか。だといいのですが、タイムは今回の方が良かったですが、内容的には悪かったので、自分では後退しているようにも感じられ、これを反省に富士山はもうひと頑張りしないと!ってところです。
山女の意地、そうですよね。富士山を味方につけてなんとかゴールをしたいものです。

知床以来のコメントですが、毎回、特に山行は楽しみに拝見しています。
完走しましたね、それもなかなかのタイムですね。
進化している気がしますよ。
これで、富士山が尚のこと楽しみになりましたね。
山女の意地を期待しちゃいます。

のりちゃまhappy01
富士山fujiトレーニングしてるかなsign02

昨日は七夕様 お願いごと叶ったかな?
うふふふふlovely 

完走おめでとうheart04
翌日、普段と変わりなく仕事している姿見て
「あれ?昨日じゃなかったっけ??」と分からなくなるくらいでしたcoldsweats01
私だったら、1週間は死んでるな…coldsweats01その前に走れませ~んsad
富士山も頑張ってねfuji
今日は七夕だねshine今年は七夕のTDL行かなかった~
彦星ミッキーに会いたかったなhappy02

1年に1日しか会えないってのが泣かせますねsweat02
にゃんこさん。願い事が叶うといいですねheart04

今日は七夕ですねnight

天の川見えるかな??
きっと 彦星様と織姫様は 恥ずかしがり屋で、見せてくれないんだろうねconfident
1年に1度だから、二人っきりでheart04

そうだsign01お願いごとしなくちゃflair 

今日は七夕だい
あいにく雨模様だけど夜に期待しようnight

何事も熱意が大事なんだ「熱さ」と「情け」だhappy01

クサいからやめてけれ~

戦士ですね貴女は。あらためて完走おめでとう。初陣(ういじん)の時とは明らかに貴女の表情に違いが見られます。文章にもそれが顕著に表れている。地位が人を作るといいますが、経験が人を成長させるのでしょうか。経験もそうでしょうが、ぼくは目的(目標)が人を変え、それに向かって前進するプロセスが人を作るのだと思っています。そういう意味で貴女は、まだまだ成長過程です。これから更にどんどん成長して行くのでしょう。楽しみです。平凡な人間が“夢”を持つことによって、どのようにでも変化し成長してゆけるという証しを是非とも立てて下さい。震災によって、全てを失い、打ちのめされ、希望を打ち砕かれ、心も体も傷ついた祖国の人たちに、のりちゃんは勇気を与えることが出来る存在だと思っています。戦士とはそういうものです。また、これから夢を持つ人は、そうであってほしいと思う。もちろん、ぼく自身もそういう気持ちでトライします。覚悟を持った人間がいかに強いかということを、いつの時代も気付かせてくれます。震災と原発で壊れた祖国に夢と勇気と希望を与えることが出来るのは、政治でもなければ経済でもない、それは不惑の歳でなお夢を失わぬ我々の“誇り”です。-戦友より-

ひげじい、ありがとうhappy01
暑さを一番感じたのは、姫次から下山する長い下りでした。時間帯が14時頃だったし、風がなく蒸し蒸しでした。降りるほどに暑いのがウンザリでもありました。
山の上の方が涼しい風が時々吹き抜けて、先日の六甲を思えばとても涼しかった。

3回目の参加だけれど、コースが頭に入っているというのは精神的には楽でした。
前回は第一関門で潰れましたが、今回はそこまでの登りが渋滞で体力温存だったので、本当に身体も気持ちも楽でした。辛いのはなんといってもロード!! 抜かれる一方coldsweats01 富士山はまずは5合目を通過できなければ話にならないので、ロードに力を入れないと。。苦手だけど。。despair

にゃんこ、よく発見eyeできたね!
待っている時間が長くて、暑くてまいりました。

練習不足だけれど、余裕はないない。去年までより2kg重いし、体脂肪も減らない。練習も足りないけど年齢もあるのかなぁなんてcoldsweats01
さすがにこのレースの後は体脂肪は減ったけれど、体重はほぼ変わらないdown

uttchiさん、ありがとうございます。
なんとか目標が1つ達成できてほっとしています。ここでくじけては次につながらないと思っていたので、『確実に完走』をテーマに頑張りました。
次はメインレースの富士山ですfuji
御殿場からの日帰り、そんないいタイムなんですかねぇ?あまり実感としてないですが、吉田口からは登ったことがないので、どんな足元なのか、距離感なのか知りません。
試走して確認が必要と思っています。
しかし全力でロードを走って、多分通過してもギリギリでしょうから、その後に登山となると相当厳しいんだと思います。なんとか身体か時間に余力を持って山に入れるといいのだけれど。

松本さん、ありがとうございます。
マラソンランナーの方やトレイルランな―の方からすると、全然凄くないのですよ。
まだまだ全然なのですが、ただ、目的・目標としては着実な一歩を踏んだと思って満足しています。
‘醍醐味’はこれから味わいたいと思っていますsign01 

つばささん、ありがとうございます。
タイムは決して良いものではありません。反省点が色々あります。
鍛錬などと言う言葉は私にはまだまだもったいないです。日頃から地道にロードを走ることの大切さをまた痛感しました。
登りに力を入れるのも一つですが、富士山でもロードが長いので、やはりロードに力を入れて苦手を少しでも克服しなければ!ですね。

いぶし銀さん、ありがとうございます。
数字で出してもらうと、「へぇ~」という感じですね。ピンとくるような、こないような。渋滞、停滞がありつつ平均してそれなら悪くないかな?なんてbleah
私の今年度の目標は全てつながっていると思っており、まだ最初の山を越えたところです。山とか走ること以外の目標も持っているし、トータルでやり遂げたいと思っているので、これで勢いにのって行けるように自らを奮い立たせてまた前を目指したいと思います。

塔ノ岳さん、ご指導ありがとうございます。
靴はランシュー、給水はエイドで、了解しましたscissors
背負わないというのは快適なことです。そして腰回りも軽いに越したことはない。
軽さを追求して山頂を目指しますfuji
試走は1度といわず、繰り返したいと思っています。頑張りますpunch

 好い記録で完走!!
おめでとうございます!!

良かったです

これを励みにして、「富士山」へ

現地で試走を重ねるのが一番良いです

普段の練習内容が全然分かりませんが

結果からでも凄さが分かります

富士山はロードの比重が大きいのでスタート直後が大事です

そして山に入ってからもです

荷物は全て捨てて行き、給水はエイドで大丈夫です

心配ならお金だけウエストポーチで持って行って下さい

トレランザックでやる人は極少数だと思います

シューズはランシューが有効です

服装は同日朝の天候で見極めてください

自分が出ていた時は、マラソン大会の格好でした(無謀登山)

noriさん
素晴らしい結果でした。距離44.2㎞を7時間31分1秒で走りぬけたとこになり、平均すると1㎞を約10.20分で又時速に換算すると約6㎞/hとなります。高低差1,143mをです。
気候は梅雨の高湿度高温度の厳しい条件であり、noriさんは夜勤明けのハンディを抱えたうえでの記録です。
実にすばらしいトライでした。尊敬にあたいします。
たぶん、明日と言わす今日から次の目標である“富士山”に向けて準備が始まっているのでしょうか。疲れは体を動かしながら取るしかなさそうですね。

完走、本当におめでとうございます。
12時間で走ればいいコースですよね。
それを7時間半で走ってしまうというのは驚異的です。
日頃の鍛錬の賜物ですね。
また、次の目標に向かって挑戦ですね。
不規則な勤務をしながら、そのバイタリティにはただ感服します。

元気だね-happy01まるで子供みた~い(・∀・)/dashshineあのさー、歳を重ねる毎に 若返ってな~いsign02 sign02sweat02( ̄▽ ̄) ‥とても28歳には思えないけど‥( ̄▽ ̄) ぼくも今年25で、来年は24歳になるから、もうちょっと落ち着かないとねぇwinksweat01‥記事はこれからゆっくり読ませて戴きますmobilephoneeye記事を読む前にコメントするせっかちな性格を、そろそろ直したいな-sign01confident

その距離を、
その時間で 「完走」 するとは、すごい!
とにかくすごい!
この醍醐味は、さぞこたえられないことでしょう。

Noriさん、今回もよく頑張りましたね。完走おめでとうございます。happy01
マラソンや登山がいつも夜勤明けなので感心しています。それで7時間走り詰めなのだからますます驚愕です。
走って下るのは疲れた足にはますます応えますね。しかも休憩なしだから尚更です。

富士山レースも以前、御殿場~富士山まで9時間で登って下った驚愕の実績があるのだから大丈夫でしょう。
健闘をお祈りします。scissors

完走おめでとうcrown
ひげじい様がいうように、前回完走タイムより良くなっているのに練習不足ということは、まだまだ余裕がありそうconfident

4枚目の写真中央にのりちゃま発見flairいたいたscissors

登りに強いのりちゃまだから、富士山もなんとかなるよshineshine
休みもなく次への挑戦だねsign01
頑張ってねhappy01

無事、完走、おめでとうscissorsタイムも前々回の初出走、初完走を更に35分程短縮してのゴールrun努力の甲斐があったね。良かった、良かった。
天候が一番心配されたところではあるが、終始直射日光が頭上から降り注ぐ無茶苦茶な猛暑にはならなかったのだと理解しています。長時間の直射日光は頑健な人の体力も奪い去るからね。これまで2回の経験が余裕を生んだのだと思います。
なにはともあれお疲れ様。じっくり休養して疲れをすっかり取り去り次の目標、富士山登山競争完走を目指してくださいfuji

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1095177/40664844

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回 北丹沢12時間山岳耐久レース:

« マラソンWEB練習日記~団体戦~ | トップページ | 富士登山 馬返ピストン »