2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011 由比ヶ浜 海の家

8月28日(日) 職場の同僚が9月末日で退職することになった。
彼女とは熱く仕事の話をしてきたものだ。彼女は自分の意見や考えを明確に持っており、それを臆することなくいつでも誰にでも言うことができる人だ。
そんな彼女がこの職場を辞める理由は沢山あるけれど、本質的なところでは一つなのかもしれない。
私も仕事であれ、恋愛であれ、多くのことに対して、いつも本質から考えてしまうタイプだ。逆にいえば、色々な枝葉を見て本質を想像してしまう。
本質がお互い違ったとしても、理解し合えれば、そこからの枝葉で衝突しても大した問題にはならない。言いたいことを言ってもそれはそれとして認められる。同じである必要はないのだ。
枝葉だけの話しかできない相手とは、理解はその場、その一つの出来事でしかありえない。応用はない。
仕事について本質の話ができる、そんな関係が彼女と私であったように思う。
001

今日は彼女が休み。私は日勤。
残業になってしまい、本当は帰宅してから自転車で駆けつける予定が、職場から海へ直行となってしまったrvcar
お母さんに行く時間もなく、明日夜勤前の早い時間に行くことで許してもらう。

ここは由比ヶ浜wave
「海の家で食事しようね。」と約束していたが、もう8月も終わってしまうので、この日程しか勤務の合うところがなかったのだ。003

海岸では火のショーが繰り広げられていた。
私てきには女性のファイアーダンスが魅力的で良かったが、写真にうまく写すことができなくて残念despair
005
夏も終わり、最後の日曜日のためか、このショーのせいか、フードコートは満席状態。

ようやく見つけたのがバーのカウンター席。
注文しても食べ物が届くのは1時間待ちという状況。

まずは飲み物barだけでお喋り。2品が届いて、またお喋り。追加の品を頼み、さらにお喋り。
食べ物がゆっくり出てくるせいか、お腹がいっぱいになるのが早い。
でも喋り続けてあっという間の22時の閉店時刻となった。
それでもあまり喋った気はしない。やはり中心は仕事の話だったけれど、彼女が辞めてしまったら、もう共通した仕事の話をこんなに熱心にすることはないだろう。

次は‘恋ばなheart’をしようということになった。
私達にはそういう甘い話も必要なのかもしれないribbon
これで私にとっては、今年最後の海の家となる。ちょっと寂しい。夏が終わるなぁ。

ここ近年で、山より海に来た回数が多い8月なんてなかった。休みには雨模様、体調は優れず、仕事は忙しくて残業+持ち帰り。
神様が仕組んでいると私は思ってしまう。今は激しく動く時ではないようだ。
でも、ぼちぼち行かせてもらえないでしょうか?

お庭で七輪BBQ

  8月24日(水)sun にゃんこは歯医者さんで治療の後に我が家へ来てくれたcatP1040693

今日のBBQメニューは、カルビ、モツ、豚トロ、サンマ、サザエ、ウインナー、さつまあげ、焼き野菜などであった。

少しずつとはいえ、沢山ある。

にゃんこはバイクで登場のため、駆けつけ1杯のピーチ缶チュウハイは飲んだものの、あとはお茶で通した。P1040692

今日の主役はサンマだったfish
今朝、材木座の魚屋さんで仕入れてきたが、脂がのっていて、辛み大根としょう油で食べると本当に美味しかったdelicious 
お肉屋さんで買ったカルビtaurusも、スーパーで買うより安くていいお肉だった。幸せheart

022

しかーしsign01
我が家の庭の木に大きな足長蜂の巣を発見eye

昨日、雑草取りや庭木の剪定でこの木や、下の雑草も容赦なく取っていたのによく刺されなかったなー。

暑さのせいで?元気に飛び回ってはいなかったけれど、時々この巣にスズメ蜂が襲撃にやってくる。 恐ろし~いbearing

美味しい食べ物には興味がなさそうなので良かった。
にゃんこ持参の蚊取線香と、私の電池式虫除け2個をつけ、虫除けスプレーも身体にかけ、襲われた時用にキンチョウスプレーも準備しておいたが使うことはなかった。

BBQは美味しいけれど、夏の太陽ギラギラ直下では少々辛いものがあった。
涼しくなった方が食欲も出そうだ。材料は沢山余ってしまったが、当然といえば当然。
今度は涼しい季節にゆっくりやろうねcoldsweats01

にゃんこ、お疲れさまでした~wink

7回目のPEG交換&雑草取り!

2011年8月22日(月)~23日(火)と定期入院hospitalで母のPEG交換は無事終わった。

次回は10月の入院となるが、今後は入院時には今まで通り私が付き添い、2ヶ月の状態報告をして、PEG交換終了までは付き添うが、異常がない限り、翌日の退院は移送業者さんに任せることにした。
私の職場は1ヶ月に3日だけ勤務希望を出せるのだ。入院月は2日間を母の入退院で希望すると残りは1日だけとなる。するとなかなか友達との約束もできない。単休ばかりでは山には行きにくい。
まずは10月からやってみることにする。

今回は4連休なのだが、希望した入退院の2日間の前後に1日ずつ休みがついている。しかも後の休みの日は月に1度の会議で夕方から出勤。全然連休の有難みはないのだ。
お天気は今朝まで悪かったrainので山にはやっぱり行かれず、今日は雨上がりの土が軟らかくなったところで雑草取りをすることにした。P1040683

全身に虫除けスプレーをかけ、顔にはペパーミントをふり掛け万全のはずだった。

家の回りグルリと見事に伸びた雑草達。
雑草という草はないとは言っても、やっぱりボウボウは困る。エアコンの室外機にも絡まっているではないか。
やる時はやるのだsign01 根こそぎ取るぞsign03P1040686

頑張ること2時間半? 汗はダラダラ、屈んだら少し背中が出てたみたいでしっかり蚊に刺された。おまけに顔も左右の頬をさされていた。それからズボンの裾からも入ったようで1ヶ所赤いポチ。でもまあそれで済んだのは良い方だP1040684smile

ああ、腰が痛くなってしまったdash

シャワーを浴びてエアコンをつけた。

そしてご褒美にバター+アイスクリーム+シナモンシュガー+メイプルシロップのホットケーキhappy02

大好物だけれど、あまりにもカロリーが高いので、よく動いて汗をかいた今日は躊躇なくパックリ食べられるrestaurant
ああ、幸せな瞬間heart04

明日はにゃんこを招いて、お庭で七輪BBQなのだ。
庭は多少きれいになったけれど、家の中が…coldsweats02

生まれ来る命、去りゆく命。

私には2歳年上の姉がいる。
姉はオムツをつけている頃から何事にも物怖じしない性格で、人前に出て踊ったり歌ったりのできる人。学級委員長やら生徒会役員などには手を上げて立候補するタイプで明朗活発を絵に描いたようなタイプだ。
私は今でこそ誰とでも話ができるし、意見も言えるようになったけれど、中学生頃までは過ぎるほどにおとなしいタイプだった。通信簿にもそういった意味合いのことが毎回書かれたものだ。
姉は父似、私は母似。恋愛観も人生観も大分違う。姉夫婦の老後の夢は『日本全国ギャンブル旅行dollar』らしい。趣味が合うのはスゴイし素敵なことだshine
同じ環境で育っても随分違うものなのだ。003

そんな姉も結婚は28歳とさして早くはなかったが、結婚後も現役バリバリで看護師を続けており、某市立病院の師長をしている。
一家の大黒柱となっているのだ。
姉はそれを望んでしているから偉いとつくづく思う。

そんな姉夫婦は一男一女をもうけ、この写真の可愛らしい女の子が私の姪にあたるのだ。

驚いたことに彼女は15歳で結婚、そして出産をし、このポテっと可愛いベビーが姉にとっての初孫(生後8ヶ月)となったのだ。
姉が「お婆ちゃん」と呼ばれているのを隣りで聞いている私も異様~な気分になる。
そして今日は施設にいる母の元へ、初めて曾孫を連れて挨拶に来てくれた。
母の反応は…?ちょっと声を発したり、表情が動いたりはしたようだったがハテサテ?
でも内心はさぞや嬉しかったことだろう。
「あの姪が親になるなんてsad」と心配していたが、我が子を抱いた姪はすっかりきちんと母の顔になっているではないかeye やられたdashまた一つ勉強をさせられた。
赤ちゃんを抱き慣れない私が抱いても泣くことのない、愛想の良い、重くてぶにょぷにょの可愛い赤ちゃんだった。 ようこそこの世へ。

そして悲しいニュース。
志水ガイドから届いたガイドプラン案内と同封された葉書から、『中司 茂男氏』が黒部渓谷入山中に遭難し亡くなったことを知らされた。
直ぐにネットで検索すると、8月7日6時50分に黒部渓谷上ノ廊下、下の黒ビンガ付近で登山者が遺体を発見したということだった。
彼は公務員であり、写真家であった。
彼とは4年前の夏、南アルプスの千枚小屋で出会い、山の話や写真の話に花を咲かせた。その後も写真展や山行に誘っていただいたり、志水ガイドの親睦会で偶然同席をした。ここ2年近くは年賀状のやりとり程度だったが、人生において何らかの縁のあった人が‘遭難’という形でこの世を去ってしまうのは特に寂しい。切ない。単独で冬の北アルプスバリエーションルートにも入る実力派だったのに、事故というのは突然にやってくる。
渡渉、泳ぎの場面で流されてしまったと見られているが、そんな川は何度も見ているだろうし、経験もしているだろうに何故だろう。きっと命を奪われる時とはそういうものなのだろう。

私は山が大好きだけれど、山で死にたいとは思っていない。
だから、山好きだからといって「山で死ねて良かったね。」なんて思えない。
中司氏はまだ49歳だった。まだまだやりたいことがあっただろうな。彼を取り巻く仲間や身内の人もどれだけ悲しまれていることだろう。
心からご冥福を祈ります。

9月に『梅酒の会』OPEN

以前に梅酒の話で盛り上がりましたが、いよいよ初の『梅酒の会』を開催いたします。

2011年9月4日(日)14:00~適当に。 大磯の‘いぶし銀’さんのお宅にてhouse

お時間のある方は、My手作り梅酒orお勧め梅酒をご持参の上、ご参加いただければ幸いです。
参加表明はブログ上でも、私のプロフィールからメール送信いただければ詳細を含めて返信させてもらいます。

これまでコメントなど書いていない方でも全然OKscissors 一緒に美味しく楽しい時間を過ごしましょうnote029

これらは、左から‘あんち’からの手作り梅酒2本。中央の『立山 梅酒』はマナティから送られてきたもの。そして右側は私の漬けた梅酒です。

さてお味のほどは如何でしょうか?

池塘の美しい月山

  2011年8月5日(金) 山形県、出羽三山のひとつである‘月山’に登ってきた。

元々は8/4~6は沖縄本島への旅行を予定していた。ところが台風9号typhoonの影響で申し込んでいたANAのツアーパックが催行中止となり、急遽予定変更で計画したものである。

8月3日(水)の日勤後、帰宅して準備を整え深夜に出発rvcar
500km以上の距離があるため、4日は移動日と決め込み休み休み走って山形道を降りたのは朝の9時前。道の駅に寄ったり、今晩~明日の登山中の行動食までを調達。せっかくなので米沢牛でも買って焼いて食べようかとスーパー巡りをするが、牛肉自体がなかなか売っていない。ようやく見つけた大型スーパーでも外国産ばかり。あとはこちらで普通に食べる‘国産牛’だけの標示のもの。それならわざわざここで食べる必要もなく…やはり放射能汚染の影響なのか。
昼食は日本海も直ぐそこなので海の幸でも食べようかと回転寿司を探すがこれまた見つからない。携帯電話で探したら2店舗だけあり、そのうちの1店舗へ行くが、メニューときたらほぼ地の物はなく、スシローの方がメニューが豊富というレベルだった。それでもやっと見つけたので昼食はそこで済ませた。004
道沿いにあった温泉『ほ』に入った後、今回の登山口に決めていた月山高原レストハウス前駐車場へ移動rvcar

このような大きな鳥居をくぐり長い山道へ入って行く。
とはいえ、八合目の駐車場までは道が細くなるところがあるものの、全てきれいに舗装されており、走りやすい九十九折りであった。006

駐車場からは庄内平野全域と日本海が望める。鳥海山の眺めも素晴らしい。

011_2

標高1400m程度であるが涼しい、いや寒くなる。早々に食事を済ませ、テント内へと入ることにする。

013
テント内で身体はぬくぬく、頭だけ出して外の景色を眺める。
夕陽の放つオレンジ色が空の色を刻々と変えていく。美しい時間だった。

夜中には満天の星。
見事なまでに太く長く大きく流れた星を見た。
深夜には天の川が静かに帯をなしていた。一点の雲もない夜空だった。024

起床4時半clock
朝食breadを済ませ、テントを撤収。車を移動。

レストハウス横の登山口を5:29に出発。
木道から始まるが、右側通行となっている。始めは周回コースとなっているため右手から登り始める。

031


草原に池塘が点在し、朝日に照らされ煌めく姿が清々しく美しい。
033『御田ヶ原参籠所』の建物が見える。 

なだらかな登りだ。
とても静かでカエルや鳥の声すらしない。036

太陽の陽射しは朝から強い。
建物の後ろには鳥海山がうっすらと見えている。028

042木道脇に咲く花達047072088

058ニッコウキスゲもチラホラと見掛ける。

079

仏生池小屋前にはハクサンフウロが群生していた。085

気温は25℃以上はあると思うが、雪渓がところどころに残っている。 056

イワカガミもこれからといった雰囲気だっ た。

069070090

東方面の景色。
モノトーンの水墨画のようだ。

093
登り易いように石がきちんと敷きつめてある。
空気が美味しい!095

105

ミヤマリンドウとアオノツガザクラ。
花は同じものが群生というよりも、ちょこちょこと色々な種類の花が咲いているという感じ。099

107

草原の中に岩がゴロゴロ。
自然の庭園だ。
山の稜線を覆う雲。

雪渓の水が溶けて流れる道筋がついている。

097
タテヤマウツボグサ103

ミヤマウスユキソウ110

ミヤマキンポウゲ

113

月山神社前に到着。1979.5m

一番高い所はこの中だろうと思われた。
ここはお祓いを受けた者しか中には入れない。中は撮影禁止となっていた。

入口には神官のような方が座っており、¥500を支払うと、「頭を下げてください。」と言われ、祝詞?を力強い声であげて下さり祓え串でバサッバサッとやってくれる。そして紙の人形をいただき、頭の先から足の先まで全身に当てるように指示され、そこに息を3回吹きかけ、水の中に浮かべ中へ入ることを許される。(ちょっと順序に自信なし)   中に進むと小さな本宮?内で厄除け?のようなのが行なわれていた。私はお参りだけ済ませ、グルッと出口へ進むとまた小さな小屋に座っている神官のような方から「お神酒をどうぞ。」と言われ、アルコールが飲めないけれどそうも言える雰囲気ではないので少々注いでもらったままをいただいた。普通に日本酒臭いが喉が痛くなるようなアルコール分は感じなかった。そしてまた進行方向に進むと御守売り場を通過する。人が擦れ違えない幅の道となっており、売り場の神官さんから購入するように勧められる。ここまでの流れでありがたい気持ちになっているので、このシステムは如何なものかと思いながらも御守を自分と母の分を購入する。一方通行で売り場を出ると出入り口へと戻る。116

山頂周辺を散策。
きれいな山小屋だ。
横にはバイオトイレが設置されていたが、とても清潔で、百名山で利用者も多いだろうが維持されていることが素晴らしいことだと感じた。

127
少し離れたところから見た山頂の月山神社全体像。

121
西川町、岩根沢登山口方向の景色。
こちらも良さそうなルートだ。109 135

ヒナザクラ

ハクサンイチゲ133

山頂付近では1時間を過ごしたが、陽射しが熱いが気温や風は涼しく寒いくらいだった。

雪渓が溶けたばかりのところは春のように草花の新芽がニョキニョキと顔を出していた。136

ヨツバシオガマ 141 

オオバギボウシ

145

下山後はレストハウスでかき氷を食べる。
昨日の夕方には1台もいなかった観光バスが5台ほど止まっており、登山ツアーと八合目周辺の散策組とゾロゾロいた。

【コースタイム】月山八合目レストハウス登山口05:29→仏生池小屋06:54→月山神社07:50/08:50→仏生池小屋09:41→月山八合目レストハウス10:55

151帰り道沿いにあったビジターセンターで月山の動植物を観察。

帰りは水沢温泉で汗を流し、寒河江町に出て食事をしてから帰路につく。

登山よりも、行き帰りの長距離ドライブが大変だったが、それだけの価値のある月山だった。   

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »