2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ~82歳のお誕生日~ | トップページ | 『絶景の大天井岳』 日帰り »

『足長蜂』退治

先日の3連休は中央道で酷い渋滞に遭ったので、今回のシルバーウイークはとても遠出をする気にはならなかった。私は2連休だったのだが。

お隣さんが刺されてしまった『足長蜂』。これはもはや我が家だけの問題ではなく、しっかり退治しなければ近所迷惑になる。バス停が真ん前にあるし、この巣をめがけてスズメ蜂も飛来してきて危険なため、いよいよ退治することに決めたsign01
P1050190

蜂は巣をぐるりと全体を取り囲むようにビッチリと着いていたのだが、台風の後からは巣と左の枝とに分かれて固まるようになっていた。

P1050191

ああぁ~こんなに沢山いるのに可哀そうだなぁ… でもなぁ…
また刺される人が出たら困るしなぁ。

やっぱりやるしかないangry
P1050198

市販の『一撃必殺ハチアブスプレー』を使用。

長袖長ズボン、山用の網ネットを頭から被り防御体勢はバッチリP1050199good

8mは届くと書いてあったが、的である巣をしっかり狙うために、3m弱の距離からシューッと長押し。

何匹かは飛んで逃げたものの、ほぼ全部の蜂がボトボトと下に落ちて、あっという間に蜂の巣は空となる。
恐ろしいほどの効き目だshock

P1050200


落下した蜂達。
そして空になった巣をハサミで切り落とす。

大きな巣だった。P1050205_2

庭に広がった蜂達を箒で集めるとこんなになった。

しばらくしてから、無事だった数匹が戻ってきて飛んでいた。

今度はもっと人のいない所に巣を作ってね。
裏山には木々がいっぱいあるのだから。

ちょっと切ない蜂退治だった。



 

« ~82歳のお誕生日~ | トップページ | 『絶景の大天井岳』 日帰り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も管理人さんは勇敢な足長蜂さんと戦ったと意識はないと思います。

悪魔的な馬鹿 (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

おい、害虫、おめーみんなに相手してもらいたいんか?
訳わからんわ~
勇敢な足長蜂?
こいつらがいつ戦いを挑んできて戦争になったん?
ただ一方的に駆除されただけやろ。
違いまっか?
薬やってる?それとも本当のおバカさん?

┐(´д`)┌ヤレヤレ 3月ちゃうやん、3ヶ月やって↓

誰かが3月くらい黙っとけって言ったから、3月で帰ってきたんヂャネ

ケンさん
貴方は、また以前やらかしたことを繰り返す気ですか?
不粋とわかっていて何故書くのですか?
全く懲りてないですね。
また、このブログが荒れてしまいますよ。

サムライが絵文字を使うかネエm9(^Д^)プギャー

cherryノリちゃん、ぼくは闘いが好きなのではなく、戦士が好きなのでもありません。闘いの哲学が好きなのであり、戦士の美学に惹かれるのであり、サムライの美意識を愛するのです。強くても醜い戦闘や戦士には興味がない。ぼくがこだわる闘いの理念は強弱や勝ち敗けの問題ではありません。究極のところ美醜の問題、それ一点のみです。‥つまり百年経っても千年経っても、自分のなかでは無敵の核兵器やミサイルよりも、敗者の名誉さえをも守ることの出来る、美しい日本の小太刀(こだち)のほうが、遥かに上です。ノリちゃん、こんなコメントに返信は要らないよ。

お前さん、戦争が好きなんか嫌いなんかどっちやねん?

戦士なんやから好きか?

アシナガバチはスズメバチ科に属すると書いてありますbookeye。にわかには信じがたいが、アシナガバチがスズメバチの仲間であるならば、肉食というのも頷けますねgawk‥。ちなみにスズメバチは、仲間のアシナガバチをも食すということです。腹が減ったら共食いも辞さないのは、スズメバチの獰猛さを表しています。腹が減らなくても同じ種族で争い殺し合うのは、自然界では人間だけです。利害や損得や権益といった欲望のために、同じ種族同士が殺し合うbomb。その究極が核兵器です。不粋ですね。本当に野暮で不粋な話です。gawk

ケンチャンはよく古い歌の歌詞までスラスラ出てくるねeye

あしなが蜂は肉食sign02 食べてる姿を見たことないけど。。

殺虫剤はどんどんパワーアップしているのかしら?
普段は昔からあるキンチョールがなかなかなくならないから、缶が錆びた状態でまだ使っているけれどcoldsweats01
強すぎるのもなんか恐怖感を覚えるよね。

この馬鹿また登場しているの?

何々、、、、、、、戦場だの戦法だの何書いてるんだか(´,_ゝ`)プッ

それにしてもこの殺虫剤、悪魔的な威力ですね。gawkノリちゃんのとった戦法は完璧でしたが、その完璧過ぎる戦力が唯一の誤算だったと言えそうですね。ノリちゃん自身が記事やコメントで触れているように、今回の武器は殺虫剤というよりも、「兵器」と呼ぶに相応しい殺傷力です。あたかも頭上で核兵器が炸裂したように、アシナガバチはひとたまりもなく殲滅(せんめつ)され、累々たる屍の群れを作ってた。ノリちゃん自身が一番驚いてショックを受け、心が痛んだことは一連のコメントを読めばわかる。思わず蜂の命をはかなんで「せつない」と表現したことは胸を打つ。本人としては完全武装を試みて、たかが殺虫剤ごときに勇敢なアシナガバチが抵抗する暇もなく殲滅されるとは夢にも思わず、下手をすれば自分も襲われて数ヶ所刺される覚悟で、楯(たて)と、槍と、矛(ほこ)で、正々堂々とした戦いを想定していたはずです。過剰に進み過ぎた科学兵器の不粋な威力を目の当たりにして、アシナガ蜂の死骸と一緒に“戦士の闘いの美学”をも葬り去ってしまった科学万能崇拝主義に対する嫌悪を、自然とともに育ってきたノリちゃんの感性が敏感に感じ取らぬわけがない。

蜂蜜を作るのはミツバチだけです。アシナガバチも花の蜜は食べますが、基本的には肉食だそう。むかーし、『ハチのムサシは死んだのさ』という歌が大ヒットして一世を風靡しました。ハチのムサシは勇敢にも「槍」(針?)を手にして、太陽めがけて突進して行き、焼かれて死んでしまうという、なんともせつない歌詞でした。そのドンキホーテぶりは宮沢賢治の『ヨタカの星』を彷彿とさせます。ハチ~のムサシは死んだのサ~noteと、アシナガバチくんは勇敢にもノリちゃんと戦って死んだ。庭の片隅に御影石(みかげいし)を建立し、彼らの勇敢な戦士の魂を弔って供養しましょう。御影石には彼らの誇りと栄誉を刻んでほしい。『勇敢な誇り高き空の戦士、ここに眠る』‥と。勇敢な戦士ノリちゃんにやられて、彼らは本望だったに違いない。合掌。shine

ファンタジアどん、
やる前は余裕なんてなかったけれど、あのスプレーが予想をはるかに上回る効き目だったから、終わってみればあっけなくもあったかな。
でもゴキは苦手だから、出てきたら任せないでねsign01

はまちゃん、いらっしゃいませ。
スズメ蜂だったら間違いなく保健所に依頼でしたよ。
女王蜂は探したんだけれど見当たらなかった。皆、同じ姿の蜂ばかりで特段大きいのもいなかったし、???
蜂密はなかったんです。巣はカラカラ乾燥していて軽い。よくわからないけれど、密があるのはミツ蜂だけ?それじゃあ何を食べているんだろう?

\(;゚∇゚)/初カキコ
いや~勇敢です。私は男ですが保健所にレスキュー依頼したりで逃げ腰ですよ。ある面、男前!いや、いや、強い。女王蜂も負けたでしょう。
蜂蜜とかどうなってるかも気になるなぁ。
そーゆーことは逃げ腰じゃないのね(笑
楽しいブログですね。また、遊びに来させてくださいね!!(*^ー゚)bグッジョブ!!

いや~んwobbly
勇敢だなcoldsweats02凄、凄すぎる…
ブログ見ていると、とても余裕のある蜂退治だったようですねcoldsweats01

塩麹の「静かに発酵中」という言葉から神秘的なものを感じちゃいます。
私達も静かに待ちますconfident

ケンチャンは私の考えのほとんどを言い当てているよ。
ただ、蜘蛛はその通りなんだけれど、手の平のように大きいのは怖いから出てきたら戦っちゃうかも。ここ25年以上見ていません。チビクモは同居中ですhappy01

ぺこさん ゆっくり待ってますnote

↓負け犬、知ったか振りはやめとけ。

ノリちゃん、蜂の生態は社会性のあるコミュニティーを形成しているし、蜂の姿形は優雅で可憐で美しい。蜂のお尻の毒針は、人間が巣を攻撃しない限り、攻撃して来ることはないといわれています。すなわち、美しく、強い主張を持ったアシナガバチに対しては、あたかも武士に敬意を払うように、ノリちゃん自身も敬意を払っており、彼らに一目置いていると考えてよろしいですか?‥ しかし、ムカデやゴキブリは社会的なコミュニティーを作らず、単独で動き回る“はぐれ”の浪人であり、人様の家に勝手に侵入しては主権を侵害して来ます。従って、彼らを害虫として認定し、ノリちゃんは情け容赦なく“必殺必中、仕留人”としての稼業を遂行すると考えてよろしいですか?‥ だけど蜘蛛に関しては、同じく“はぐれ”の侵入者ですが、蜘蛛はゴキブリやその他の害虫を“必殺”で仕留めて食べてくれる、れっきとした“仕事人”ですから、蜘蛛だけは隠密として、大事にしなければいけませんね。優しくも厳しい『掟』に生きる、仕留人「元締」のノリ姐さん、それでよろしいですか? tulipdash

にゃんこさん。タッパーはご用意いただかなくても大丈夫です!
うちにある空き容器に入れて差し上げます。
塩麹くんは、ただいま静かに発酵中です。
今しばらくお待ち下さいね~♪

ペコちゃま よろしくお願いしま~すheart04
タッパをのりちゃまに渡しといたほうが良いのかしら?
のりちゃまが車でrvcardashdashdashっていってくれるのでconfident

のりちゃまhappy01  ご無事に退治出来たのねgood
のりちゃまは蜂が好きなの?だからせつないの?
ムカデやゴキブリはしとめるって 蜂は違う部類にはいるのかな?
にゃんこは同類かなぁ。
蜂は殺せないから 逃げるけど…

ケンチャン、これも『自然界の厳しい掟』という言葉には救われますね。
そして蜂の死骸は、自然界の掟に沿って、色々な虫達の食料となっていますgawk
命から命でしょうか。。

あそじい、家の中に出てくるムカデはダメだよsign04 
それこそ真剣勝負で対決しなければsign01
そうかぁ、ログハウスならどこからでも入れちゃいそうな気がするな。
刺されないようにねdespair

くるるさん、さすがflair 私のやりそうなことをよくわかっているconfident
マンションだとそういう心配がなくていいよね。
老後は畑を…なんて思っていたけれど、虫と付き合う現実は厳しそうだbearing

いぶし銀さん、そんな大層なものではありません。
私もムカデやゴキブリならば迷わず確実に仕留めます。どんなに腰が引けても仕留めるまでは諦めませんよcoldsweats01

足長蜂の巣は我が家でもよく見掛けます。幸い今年は見掛けませんでしたが。
noriさんが日々人の命を守ることに心を砕いているに留まらず、生きとし生けるものすべての命を大切にする心をお持ちであることを、私は改めて感じ入りました。

結局、自分で退治したのねcoldsweats02
お母様との写真では、あんなにかわいらしい娘さんの顔をしているのに・・・
刺されたらどうするのbearingって、思うけど、刺されても、水で洗って絆創膏で済ましてしまいそうcoldsweats01
でも、蜂の心配までするとは、noriさんらしい・・・
急に気温が下がってきて、活動力も低下するから、蜂たちも急いで新たな住処を探すことでしょうね。
それにしても、恐ろしい威力のスプレー・・・coldsweats01樹木も枯れてしまいそう・・・

あれ~、蜂達が地面に一杯転がっている。「ハチアブスプレー」の威力は強烈だね。
自分の庭の蜂の巣の蜂が人様を襲ったんじゃ殺すしかないものね。南無阿弥陀仏…南無阿弥陀仏…。阿蘇の我が家ではムカデが出没しているのでバルサン薫除をしたけど2回目でようやく効果が表れたかなって感じ。家の中をムカデが這いずり回っていたら気持悪くてね。しかしどこから侵入してくるのかな?

亡くなった大勢のあしなが蜂のために供養塚を作って、ねんごろに供養したらどうかしら?happy01。 彼らの御遺体はすでに葬ってしまったかな?catface。住宅に巣をこしらえてしまった彼らにも落ち度はあるが、自然界の生命を愛するノリちゃんにしてみれば、いくらご近所さんの安全とはいえ、小さな命を葬らざるを得なかったことは断腸の思いだったに違いない。一寸の虫にも五分の魂というからね。まあ スズメ蜂の飛来も懸念されるから、遅かれ早かれ彼らに引導を渡さねばならなかった。つまりこれもまた自然界の厳しい『掟』であり、生成流転(せいせいるてん)の宿命です。今回は切ない経験でしたが、心優しいノリちゃんの手にかかって死んだことは彼らにとってせめてもの救いでした。ノリちゃんの辛い立場を、あしなが蜂くんはきっとわかってくれると思います。tulip

仕方ないよね。
ただ、多分スプレーした時にお出掛けしていた蜂が巣へ戻ってきたら、仲間が皆死んでいて、巣は空っぽになり落とされているのを見て、一人寂しく飛んで行く姿を見ると、一体どこへ向かったことやら・・・ 新しい場所で(人を傷つけない場所で)たくましく、また子孫を繁栄して欲しいものです。
巣を作る前、または小さなうちに気付いてあげる・・・巣の真下で雑草抜きや草刈りをした時でさえ気付かなかったから、相当ブンブンにならないと気が付かないかもcatface 極力気を付けますdanger

塩麹の連絡お待ちしていまーすconfident 職場と同じ区内だから、仕事帰りに車でブーンrvcardashと立ち寄らせてもらうのは簡単よnote

スズメ蜂だったら絶対無理だけれど、足長さんだったから大丈夫かな~とcoldsweats01
あのスプレーの威力には本当にビックリeyeでした。こちらに反撃するほどの余力は全くなく、ぼとぼと落ちていきました。他の虫もね。木まで枯れる勢いの気がしたよ。

これは役所に相談したほうが良いですよ!!!いやいや、専門家に退治してもらわなきゃダメだ

っても、既に解決しちゃったんだよね・・・shock

蜂の毒は注意したほうがよいので、あんまり無理しないようにrock

http://www.anaphylaxis.jp/forum/allergy_bee.html

えええーーーっ?! 自分で退治しちゃったの~?!
すごいと言うか何と言うか・・・私には絶対に出来ないことなので尊敬します(^^;;
「近所迷惑」って、確か私が梅酒の会で言ったんでしたね・・・(^^;
でもね、たった1匹に刺されただけでも2回目以降だとアナフィラキシー起こす危険もあるし
、ミツバチ相手の養蜂の人だってエピペン常備してたりするんだから、足長蜂なら尚更危険でしょう。それが自分の庭の蜂の巣が原因だったりしたら、それはもうとても大変なこと。
切ない気持ちはわかるけど、こればっかりは仕方がないよ。
これからは、巣作りが進行する前に気づいてあげることが一番だね^^

塩麹・・・我が家まで来てもらうのも何だか申し訳ない感じです~
受け渡しのご相談は後日メールさせていただきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1095177/42013907

この記事へのトラックバック一覧です: 『足長蜂』退治:

« ~82歳のお誕生日~ | トップページ | 『絶景の大天井岳』 日帰り »