2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 第36回よこすかシーサイドマラソン大会出場 | トップページ | 第31回 よこはままらそん【10kmの部】 »

氷のアートが美しい『甲武信岳』

2011年11月22日(火)

前日の午後から横浜若葉台で会議だった。P1050615

会議場から直接『甲武信岳』の長野県側登山口である、毛木平へ向かいたかったので、まずはお風呂spa

職場仲間にこちらの温泉を教えてもらい、初めて利用。¥500で2時間まで。

正式名称は『横浜温泉 チャレンジャー』って書いてあったが、意味がよくわからない。
かなり古そうな設備だったが、緑茶をそのまま長い時間放置したような湯色で、若干塩気があり、湯温はほど良かった。洗い場の数が多くあるのでありがたい。この料金なら、また利用してもいいかも、の温泉spaだった。

そして『味の民芸』で夕食。このチェーン店、私はお気に入りなのだが、我が家の近所や職場までの道程には見当たらないので、ここで会議があると食べたくなってしまう。P1050618


八王子から中央道に乗る。
22日は晴れで気温が下がる予報。まだスタッドレスタイヤに履き替えていないため、道路が凍結する前に登山口駐車場に入りたいと思った。
…しかし、車線を右往左往の居眠りsleepy運転になってしまったため、初狩parkingで仮眠。

毛木場駐車場に着いたのが午前3時。
空はプラネタリウムばりの星空だった。P1050617


起床5時clock トイレに行ったら‘冬季使用禁止’の貼り紙がしてありドアは開かない。
トイレのない場合に備え、車にはエコポットを常備しているのだ。

気温-6℃。空気は冷たいが風がないので案外平気。
晩秋の山に来たというつもりだったが、もう冬山装備として考えるべきだった。

【コースタイム】毛木場駐車場06:34→千曲川源流コースと十文字峠&三宝山コースの分岐06:39→十文字峠(十文字小屋)07:37/07:41→大山08:06/08:14→三宝山09:30/09:40→甲武信岳09:59/10:12→甲武信小屋10:18/10:24→甲武信岳10:33→国師&金峰と千曲川源流コース分岐10:40→千曲川源流10:46/10:49→ナメ滝11:27→毛木場駐車場12:28 P1050619

看板横の林道から歩き始める。P1050620

500mほど歩くと、千曲川源流に向かって沢沿いを歩いて登るコースと、十文字峠から三宝山を経由して甲武信岳へ登頂するコースの分岐となる。

今回は三宝山経由で登り、沢沿いを下りるという周回コースとした。

P1050621

木造りの橋は凍結している。
顔は何故か浮腫んでいる。。P1050623

しばらくの間、沢に沿ってなだらかな坂を登って行く。

道はよく踏まれており、歩き易い。
さすが百名山へのルートだ。P1050627

足元には霜が10cmは軽く超える長さでニョキニョキと四方から顔を出している。P1050631

沢から外れると九十九折の坂が急になり、この寒さでも雨具を途中で脱いで登った。

八丁坂の頭である尾根に出ると、あとはトラバースでなだらかに十文字峠まで。P1050632

陽が当たると途端に暖かい。

太陽の有難みを感じる瞬間である。

P1050637

十文字峠の標識が現れると、その右手には十文字小屋が建っている。
もちろん冬季閉鎖中。

P1050635_2

小屋の周囲はシャクナゲの木で覆われていた。
この冷凍のように固まっている草木がそれである。
開花の時期にはさぞや華やかであろう。P1050638

小屋前は広場になっており、椅子やベンチも備えられてある。

ここで初めて水分補給。
家を出る時には、この気温を想定してこなかったので、普通にペットボトルのジュースを1本と水1本を持参した。
テルモスに温かい飲み物でもあったらなぁ。

P1050644

下から森の中はずーっと苔生した緑が美しい。P1050645

大山手前に差し掛かると足元に岩が多くなり、そしていよいよ鎖場が。

案外斜度のある、でも手がかりもきちっとある、登って楽しい岩場が続く。P1050647

木の枝から薄緑色でモヤモヤっとカーテンのような、とろろ昆布のような物が垂れ下がっていた。
苔の一種だろうか。

そういえば知床の原生林でも同じ物を見た記憶がある。
P1050648

岩場(鎖場)を登り切って振り返ると、遠くまで続く山並みが一望できた。P1050653

そして大山山頂到着。

太陽が眩しくて、取り直しても目が開かないcoldsweats01P1050650_2

幾重にも重なり合う山々。P1050651

こうして見ると、高い山こそ見当たらないが、深い山なんだなぁ~とつくづく思う。P1050658

今回は急遽この甲武信岳行きを決めたこともあり、また百名山だからルートもはっきりしているだろうと思い、きちんと地図を見てこなかったために起きた敗因が2つある。

それがこの写真中央にある『武信白岩山』である。
ピークに白いマークが立っているのが見える。
登れるとわかっていたら登ったのに…と振り返って眺めてから後悔despair
ルート上には岩に×マークがついていたので行ってはいけないと思ってしまったのだ。残念downP1050663


苔は変わらないが、針葉樹林から白樺?ダケカンバ?で背が低めの木が増える。P1050666

穴のようになっているところには、細かい氷の粒子のようなものが周囲を縁取っており、光に照らされキラキラと美しい。
小さな緑から生命力が感じられ、なんとなく写真に撮りたくなった。P1050672

三宝山 2483.3m 

一等三角点が設置されている。
こちらの方が甲武信岳よりも少し高いのだが、樹林に囲まれ見晴らしもパッとしないため、高度感もないし人気もないのかな。

広場になっており、陽も当たるため、ここでチョコブラウニーを1つ食べた。P1050675

足元の枯葉にも霜がつくとアートになる。P1050682






三宝山からはなだらかな道で、甲武信岳山頂手前でぐぐっと急登になる。

登りきるとスポッと樹林を抜けて見晴らしの良い絶景が広がる。

甲武信岳山頂 2483.3m

P1050686

富士山はくっきりとはいかないまでも、山頂付近に雪をつけた姿が望める。P1050681

山頂には4~5名の男性がいた。

八ヶ岳はもちろん、北アルプスも見えると話していたので、どれがどれだかわからないまでも、一応北アルプスのつもりで写した1枚。

P1050685

こちらはいつか縦走したいと思っている、国師岳から金峰への稜線。

実はここで2つ目の失敗が起きる。

私の頭の中には今回の周回コースの分岐、は、甲武信岳を過ぎて甲武信小屋までの間に右手へ曲がる分岐(千曲川源流ルート)があると思い込んでいた。P1050692

なので軽快に甲武信小屋方面へと下山開始。

ケルン越の富士もまた良い。P1050693

ところが分岐はないままに甲武信小屋へ着いてしまったのだwobbly 

あれ?見落としたかな?と地図を広げるがどうもピンとこない。

そこで山頂で一緒だった人が下りてきたので訊いてみた。

すると、
「そっちは山頂から国師に向かって行かないといけない。」と教えてくれた。
sign02 そうなんだ。もう一度地図をよ~く見てみると…あ、本当だ。印刷が重なりあって見えにくいが、確かに分岐は山頂にあった。
しかもさっき眺めていた国師岳方面だなんてbearing ちょっと恥ずかしいsweat02 まあ私らしいや。P1050680


そんなわけで、もう一度甲武信岳山頂に登り返し、この山頂分岐から国師方面へと下山開始となったcoldsweats01P1050697

甲武信岳山頂から10分もせずに千曲川源流ルートへの分岐となる。

今度は間違いないgoodP1050698

こちらのルートはさらに人が多く使うルートなのだろう。
よく踏まれているし、丸木で整備されている。P1050700

そして大きな木に『千曲川信濃川水源地』の標識が立っていた。

登山道脇になるので、沢へ下りるとプラスチックの鎖に固定されたコップに『主水』と書かれて置いてあったので拝借。

伏流水からなのか、下から湧いているようにも見える。
量は少ないが、絶え間なく湧き流れる水。
千曲川の最初の1滴を飲んだ。
味は冷たすぎてわからなかった。
でも清らかな味だと心で感じた。P1050702

上の最初の水からこうしてゆるやかな浅い水溜まりのようなところから川が始まる。P1050703

ここからその細い沢に沿って下山ルートは続いていく。

P1050706

だんだんと水量が増していく。

気温が低いため、氷がこうして様々な形を造りだし、水流や苔、太陽の光と相まって、それはそれは美しい。P1050711

下山ルートは千曲川源流が生み出した水と氷のアート。










P1050717



P1050714



P1050720














P1050740_2


P1050750_2


P1050751_2P1050723

歩いては止まり、進んではシャッターを切り、自然の造形美に飽きることは無い。P1050731

沢ルートなのでこうした岩々の道もある。

P1050732
ナメ滝

1枚岩の滑らかな岩肌を水が流れていく。P1050734

山側の岩から滴る氷柱もまた立派だ。P1050735

上の方はこんな具合。P1050737

下に降りるほど、水量が増えていく。P1050739

森の木々は葉をすっかり落として見通しが良い。
P1050744

大きな岩をルート上に幾つも見掛けたが、この山域(金峰、瑞牆、西沢渓谷など)の特徴だろうか。

岩に突っ張るように枝を立て掛けた様は、大崩山を思い出す。P1050749

殺風景なこの季節に唯一赤い実が際立っていた。P1050753

上と同じかなぁ?ちょっと違う気もするし。
他にもオレンジ色っぽいのもあった。P1050756

この一帯は多分カラマツと思われる。
足元は針葉樹の茶色でいいクッションになっている。

黄色く染まった時期もいいだろう。P1050758

こちら植物も一定区間の登山道を覆っていた。P1050759

こんな実? 種?をつけている木とつけていない木があった。P1050764

林道が途中でY字に分かれる。ここに標識がないが、右手の沢沿い下りルートが毛木場駐車場へ続いている。

千曲川はすっかり水量を増した。

P1050765


千曲川源流ルートは、こうして距離の表示がわりと細かく記してあった。

P1050766


無事に登山、下山できたことに感謝の気持ちを伝える。P1050767

背の高い木々。

冬は太陽の陽射しを下までいっぱい浴びれるようにすっきりしている。P1050768

正午過ぎだが陽射しが柔らかい。P1050775

紫陽花のような花弁。





P1050772

アザミのドライフラワー?P1050782

毛木場駐車場に12:28着。

ガス一式を持参したが、途中は寒くてじっと座ってお湯を沸かす気にはなれなかった。

駐車場は風はなく、陽射しはポカポカで暖かい。

カップラーメン、そして暖かい緑茶でお腹を満たし、パノラマの湯spaに向かったが休館日だったgawk
時間が遅くなるほどに高速を降りてからの渋滞が怖いので、そのまま帰路についた。
13時に出発し、帰宅は17:30。
登山よりもずーっとハードなのが車の運転であった。

久し振りの山。自然の美しさ、厳しさ、偉大さを感じ、人間の弱さを感じる。
平等の恵みを感じ、やっぱり私は山や自然が大好きなのだ。

« 第36回よこすかシーサイドマラソン大会出場 | トップページ | 第31回 よこはままらそん【10kmの部】 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

楽しい話しかしないよ~

どーせ、『三人寄れば、子ブタちゃんの知恵sign01pigflair』ってことで“愛”とか“メルヘン”とか“恋ばな”とか“ロマンチック”とか、自分を棚にあげて友達の失敗談とか、自分を棚にあげて友達は変わり者とか、自分を棚にあげて友達はケ-ワイで個性的とか‥ いろいろウルサク語り合うんでしょ-ねっっsign01sign01(*^o^*)sweat01dash マジうるさそうだね~っっsign01eye ‥ このメンバーで山で宴会やったらsign01(-_-)sweat02dash ‥富士山fujiが噴火しませんよ-にっっっsign01sign01shocksweat01 ‥♪色気heart01より、食い気pigの三人娘へsign01bleah

食い物が絡むと、途端に元気百倍になるんだね、にゃんこちゃんはsign01

よ~しsign01
鍋の準備だ~happy01

「こぶとり爺さん」を思い出したsign01( ̄▽ ̄)book その記事のタイトルは‥『三匹の子ブタちゃんheart01山の宴会pig』でOKhappy01 fujishine

にゃんこ、ファンタジアどんも山に行くって言ってたよ。

じゃあお鍋担いで登って日向で宴会でもするかhappy01

明日のレースは小春日和だsunscissors 今年を締める最後のレース。ノリチャン、つむじ風のようにtyphoon、飛んで走れsign01sign01sign01 dash

わ~い わ~いファンタジアどんも一緒にお山にいきましょ~happy01

霜が美味しそうなら、丹沢でいくらでも食べさせてあげられるよ。行こうsign01

山は四季のメリハリがあって、どの季節も息を飲む美しさだよ。
春の残雪や芽吹き、夏の高山植物、秋の紅葉、冬の白の世界。
今年は紅葉を紹介できなかったのが残念だったなー。

気温は結構低くても行動していれば問題ないけれど、風が吹いた時の体感温度ったら本当に凍りそうになるよ。それから真冬のテント泊も厳しいな、私には。


小三郎さん、ようこそ。
WEB日記拝見しました。ものスゴイ距離を走っているんですねeye
山は百名山から始まり、色々な記録を達成なさっているようで感服します。
南アルプスの赤石~大沢岳はまだ歩いたことがありません。毎年計画はしているのですが、今年は台風に阻まれました。高瀬ダムからの稜線歩きで湯俣温泉は去年楽しみました。
私は怠け者ですから日々のRUNはできないですが、山は大好きなので、何の記録も目指すものもないですが、これからもマイペースに登り続けたいと思っています。
1000回登山も確実に達成されることでしょう。お怪我のないように頑張ってくださいup

逗子女さん
初書き込みです。WEBマラソン日記からたどり着きました。
初冬の甲武信を堪能されたようですね。
当方も山35年、安全登山をモットーに生涯1000回登山を目指しています。
WEBマラソン日記「小三郎」に簡単な登山メモ書いていますのでよかったらご覧下さい。
安全で楽しい登山を続けられることを祈念しています。

霜の写真、何だか生シラスに見えて美味しそうlovely
氷の芸術、素晴らしいshineshineshine
noriさま、寒いとテンション下がると言ってましたが…
やっぱり山では別なんですねnote
それにしても、山って四季で見える景色が全然違って
春&夏がいいと思い込んでた私は考え方も変わりましたhappy01
寒い季節も…いいねwinkheart04

塔ノ岳さんはどこでも知っていますね。
奥秩父の地図を何度も眺めて、私も塔ノ岳さんが言われるように主脈縦走をしたいというのが本音です。
ただ、地図だけだとどの程度自分が歩ける山なのかがピンとこないので、縦走に向けての確認登山の意味もありました。
水の豊かな森というイメージで、これなら縦走が楽しめそうです。
6月が適期ですか。歩きたいルートのためなら交通手段は問いません。
来年実行したいと思います♪ありがとうございます。

今回の外野はまともでしょう。
どうせ何の策も考えられないんだから、あなたもシャシャリ出てこないほうがいい。
利口な人間はそうするもんだよ。

やはり、平地のランと比べてしまうと、山のレベルは凄いです

そんなに軽いコースではないのですが、軽く見えてしまいます

千曲川源流コースは平成3年に行ったきり

甲武信岳は2006年6/4から

やはり、奥秩父は主脈縦走を端から端まで

noriさんなら、楽しく歩けてしまうはずです

その代わり電車で行くことになりますが

一日目に瑞牆山荘に泊まり、翌朝未明スタートで

何処まで明るいうちに進めるか

多分、雲取山までは行けるはずだと確信します

奥秩父は丹沢と違い、水があります

6/中頃が一番の実施時期ですが

今度は、縦に一直線で行きましょう!!

雑念が消える‥無の境地だ。仏教では無ではなく「空」(くう)と言うんだhappy01。完全なる虚無には、救いがない。しかし万物は「空」であるがゆえに「縁」次第で、あらゆる可能性が開かれてくる。今回の記事にあるように“水”は新たな縁を得て“氷”になる。太陽の温もりを得ればまた水となり、川の流れとなり、大河と交わり、大海にそそぐ。そしてまた太陽に照らされて、水は天に昇って雲となり、雨となってふたたび地上に降り注ぐ。すべては縁によって生じ、縁によって滅する。存在は「実体」ではない。すべては「縁」次第。そこに“救い”の突破口をひらくことが可能になる。自分の“意識”でさえもが「空」であることを悟ることで、いま現在どんな苦境にあろうとも諦めずに、希望を信じて明日を生き抜くことができる。“虚無”に希望はない。「空」であるからこそ希望がある。それが釈迦の説く「縁起の法」です。それを今回の記事で自然の美しさが教えてくれている。自然界から発せられたメッセージを、水のように澄んだ透明な気持ちで 素直に受けとめたい。fuji shineshineshine

あるぷすさん、名前の由来をありがとうございますconfident
そうですね、甲武信岳は独立峰ではなく、幾つかの峰を含めているのでしょうし、3県にまたがっていることになりますものね。
山の尾根って県境になっていることが多いですよね。

uttchiさん、やっぱり山ですよ。
山に入るといつの間にか雑念が消え、ただただ見る物、感じる物全てに心ときめかせる。身体も魂も喜んでいる感覚ですね。
雪山は苦手です。これからしばらくは登れる山探しが難しいです。

久しぶりの登山、とっても楽しそうですね。
氷のアートもいろんな表情をして、とてもキレイです。
登山、これからも楽しんで下さいネ。happy01


ただ、外野がうるさいのが残念でなりません 。゚(゚´Д`゚) ゜

ケンさん、あんた駄目だよ。
管理人さんが、あなたに何が間違っているか教えてやってほしいとここの読者に懇願したの理解してるよね?
私はそれを実行した。
あなたは軽く考えてるけど、もう少し真摯に受け止めな。
適当な言い訳して通るほど世の中は甘くないということを理解しなさい。
他の人のコメントみて気付いてください。
私のコメントにこれだけ我慢した人達のマグマがだまっているのわかりますか?
一問一答として投稿しています。
あなたは、のりさんのことをどう思っているのですか?
彼女があなたのために苦しんでいると感じたことはないですか?

(・_・)エッ....?( ゚д゚)ポカーン┐(´д`)┌ヤレヤレ( ´,_ゝ`)ハイハイ

聖書だの仏教だの、宗教かぶれして他人を非難することで、みんなから嫌われることを肝に命じるべし

やめましょう。

きれいなブログの記事がまたこのケンという男によって汚されてしまう。

こいつは徹底的に無視です。

俺も読んでて不快感覚えたな。
あんた言葉足らずでかたずけるな。
人間の何が愚かなんや?
この聖典の意味もさっぱり言い訳にもなってねーじゃんかよ。

不快だ
不快だ
不快だ

自分の言葉足らずですみませんでした。他人を非難したのではなく、厳しくも美しい自然の偉大さに対して、自然と同じ根っこを共有する‘魂’の清らかな霊性を失いつつある人間の愚かさとを、比較対称しただけです。「地に不浄はびこるとき、天は鉄槌を下す。」と聖典にあるように、自然を破壊し尽くしてなお、自らの欲望優先に生きる己れ自身の醜さを戒めた言葉でした。誤解を生み不愉快にさせたことを、お詫び申し上げます。

科学で解明できないことを信じない人はたくさんいる。
その人達の知性と教養を貧相と非難する意図が理解できない。
不愉快の一言。
どうしてそのように他人非難をしたがるのか教えてもらいたい。

宇宙曼陀羅?
信じる信じない以前に意味がわからない。

甲武信岳の由来ありがとうございますm(_ _)mdashshine ありのままの自分は必ずしも世間の枠組みにそぐわないけど、しかし自分は間違いなく美しい自然の一部であることを今回の記事で再確認しました。そこに原点回帰して‥ 自然から受けとる愛のパワーをエネルギーに変えて行こう!punchhappy01/ tulip shine

山も2400mを越えるとすっかり冬の装いですねsnow
久々の山登りだったようですがスカッとした晴天でさぞかし気持が良かったことでしょうsun
甲武信岳の名称の由来は甲武信岳が甲斐、武蔵、信濃の国にまたがっているからだと思いますfuji

甲武信岳と書いて“こぶし岳”と読む由来は知りませんが、ひょっとして『甲府の武田信玄』と関係あるのか?‥あるいは、いにしえの『古武士』(こぶし)の修行場だったのか?‥もしくは、戦士たちの信仰を集めた山だったのか?!‥などなど想像力を逞しく思いめぐらせて読みました。キンキンに凍てついた山の空気。清洌(せいれつ)極まりなく浄化された、水と氷と光のモニュメント。思索するには持って来いのマイナスイオンの沈静な世界。科学で解明できないものは頭から信じないと嘘ぶく、現代知識層の貧相な知性と教養は、科学で解明できない極致ともいえる自然のいのちの果てしない奥深さと、神秘な“美”のロマンの宇宙曼陀羅をも、彼らは頭から信じないのであろうか?‥と考えてしまうほどに、自然が生み出すいのちの美しさに感動を覚えました。

いぶし銀さん、是非また感動を体験してください。
特別高い場所、険しい場所である必要はないのですし、今でしか感じられないものもあると思いますヨconfident

mountain queen returns sign03
noriさん山にかえる sign01
自然の中に居るnoriさんは似合いますね。 happy01
「プラネタリウムばりの星空」かァー・・・ night 満天の星空を見たのは何年まえだろう、10年いや20年前か・・・。息をのむようなあの感動をまた体験したくなりました。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1095177/43112043

この記事へのトラックバック一覧です: 氷のアートが美しい『甲武信岳』:

« 第36回よこすかシーサイドマラソン大会出場 | トップページ | 第31回 よこはままらそん【10kmの部】 »