2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 江ノ島水族館 | トップページ | ブログ、引越ました! »

銀細工第2弾~指輪作り~

2012年3月16日(金)どらにゃんことステアクラフトへ行ってきた
私はストラップ作製に続く第2弾。今回はピンキーリングを作るのだ120316_3


10時からの予約だったが早めに二子玉川駅に着いたので、駅前の喫茶店で甘くて温かい飲み物で一息つく。

にゃんこの注文の品は、ホワイトチョコっぽい甘さと苺フレーバー。

私はカプチーノにお砂糖2本in。120316_41

まずはデザインから考える。
にゃんこはネット商品から作りたい物の資料をプリントアウトして持参。ハート型や肉球型ピアス、指輪は型抜きタイプと天使の羽根が乗ったようなデザインといずれも個性的で可愛らしい物だった。
私の目的はデザイン云々ではなく、指輪の作成過程を知ることと刻印の練習だったので、これといってデザインは考えておらず、沢山の見本作品の中から選んで少々のアレンジを加えて作製する予定でその通りに実行。
絶対条件としては、今日1日でお持ち帰りができる程度の作品であることで、結局にゃんこも見本作品の中から波々型の指輪に一目惚れしたようで、それに肉球を型抜きするというアレンジを加えることで決定120316_4

指輪の号数を測り、仕上がり予定の指輪の厚みや幅を決めたら斉藤氏がそのサイズに合わせた枠を書いてくれる。

その枠の中に収まるようにデザインを描いていく。

にゃんこの選んだ不規則な波のような形の指輪はフリーハンドで自由に描く。
そこでこの表情120316_6

不器用な私は型紙のあるVラインを選んだ。
Vラインでも角度や多少のデザインの違いがあるので、その中からまた一つを選んだ。

120316_8

長い銀棒を型紙よりやや大きめサイズに糸ノコで切断するところから作業にとりかかる。

120316_11

切り落とした銀板を一度焼いて曲げたり切ったりし易い状態にする。120316_16

描いた型紙を銀板にのり貼りする。

上が私。下がにゃんこのデザイン。
120316_17

糸ノコでデザインに沿って切り落としていく。
私はピンキーリング4号と小さい指輪なので細かいところが難しい。
不器用さが際立つ場面だ
線よりは幾分大きめでも削れば済むから内側に入り過ぎないようにだけ注意を払った。

型抜きできた後に、裏側となる方に刻印を金槌を使って叩いて入れる。
これが指輪のラインが真っすぐならば文字の釘?を固定する機械を使って叩くことに専念できるのだが、自分で釘の位置を定めて押さえながら金槌を叩くと文字は泳ぐし、押さえ方や叩き方で文字の濃さはバラバラになるし、私は惨憺たる出来映えになってしまった。
その点にゃんこは同じく手で決めて叩いているのに上手にできていたなぁ。
私は表の一部に前回経験した鎚目模様を入れてみた。これも薄くまばらで想像のようにはいかなかった120316_18

そこまで出来上がった板を指輪の形になるように、木槌で少しずつ叩いて輪に近づけていく。
にゃんこは器用だ。
叩くのも上手い。力強い。120316_24
何度も斉藤氏に褒められていた

私はというと、この近距離でも木槌が空振りして丸太を叩いたり、自分の指を叩いたり、、、120316_27

それでも繰り返すうちにだんだん円形に閉じていく。120316_32

私のような前後の高さや厚みがが異なるデザインは機械で整えることができないので、最後の微調整?は斉藤氏が手伝ってくれた。120316_31

にゃんこのは機械できっちり円形に調整。120316_34

途中で何度かこうして赤くなるまで焼きを入れて軟らかくする。120316_35

ほとんど形にはなったけれど、まだサイズが合わない。
これから叩いてサイズ調整、そして磨きをかけていく。120316_37

にゃんこは肉球デザインに型抜きをする。

手でグリグリ回して穴を開けているところ。
肉球と肉球が離れたり、重なりあったりして結構難しそうだった。120316_39

最後は磨きに磨いてピッカピカ仕上げへ。120316_48




にゃんこ作。
肉球型抜きデザインの指輪が出来上がり
裏面にも肉球の刻印がカワイイ120316_80



私のV字ライン、鎚目入りリング
刻印は名前と☆と。でも自分にしかわからないかも120316_52

19時までビッチリ頑張ってようやくの作製だった。
途中で集中力も切れて完成したものの2人とも疲労の色が強い

にゃんこは原因不明の蕁麻疹が朝からだんだん時間の経過と共に悪化して、痒さとの戦いも大変だったようだ。
お疲れ様でした。

今回の製作費用は1人2万円也

指輪作製の工程は大体つかめた。そして刻印はラインが真っすぐの指輪でなければかなり難しいことも知った。
次はいよいよ本番かな。それとも…?

« 江ノ島水族館 | トップページ | ブログ、引越ました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとう。素人作品丸出しですが、自分で作ると愛着が湧くのでそれなりに気に入っています

A次くんは器用だから、作ればきっと芸術的なのができるだろうね

いいの、出来たね。

金環リング肉眼で見た。天女の羽衣のような薄雲がなびくと、金の環が、神々しい姿を現わした。肉眼で見ると白銀の輝きを放っていた。幻想的な奇蹟だ。神威という言葉が心をよぎった。神様は絶対にいると確信する。

ノリチャンの性格から言って汗を流さずにはいられない。自分が一生懸命生きた証しを記録して、一生の財産として大切に残したいと願うだろう。ブログ再開のハードルを乗り超えて復活を遂げてほしい。

わかってるよー、そうじゃなくってー、ブログの再開って意味で言ったのさ。

また戻ってくるって のりちゃまはどこにも行ってないよ。

ホントにね(v_v)/‥ あらためてのりちゃまの山大好きブログの存在感を再認識させられるよ‥しかしのりちゃまのことだから『帰ってきたウルトラマン』みたく必ず地球に戻って来ると信じてる/ このまんま消滅するようなタマじゃないよ、のりちゃまは 転んでもタダで起きないのりちゃまは、なんらかの方法で山大好きブログを近い将来に復活させると信じてる

ブログが更新されないと寂しいね

もうすぐ新緑の侯だ ぼくの一番好きな季節だ 「 目に青葉、山 ホトトギス 初鰹

桜の木にははらはらと舞うピンクに新緑の生き生きとした葉が揺れていますね。
今年はあえて桜を観には行かなかったのですが、車窓からはじっくりと眺めた気がします。
母を外へ連れ出すチャンスの日に、ちょうどリクライニング車椅子が出払っていて桜を見せてあげることができませんでした。
でもきっと来年もありますから

makimakiさん、79歳、おめでとうございます
‘歳相応’って基準が難しいですね。最近は一段と個人差を感じます。
makimakiさんの明るい笑顔と楽しいお喋りはパワーがあって若々しいですよ お身体の方も回復されているようですし、これからまだまだ楽しいことを沢山してください、感じてくださいね
私も素直に努力したいと思っています

昨日のは散った。でも、どーして今年の桜は白いんだろう? ‥ 「花は桜木、人は武士」

今日は桜が満開でした 西の空にかかる雲は、青空の水に桜のインクを落としたように、淡いピンクに染まっていました。

桜がやっと咲いてくれました 春です!好きな季節です。79歳まで秒よみです、信じられません・・・。歳を忘れて 歳相応に暮らした方が気持ちが楽になりそうです。筋トレはさぼらないように、 してjます。あなたも楽しいことも沢山作ってくださいね。お元気で。

横浜はあんまり咲いてないよ。よくて四分~五分咲きくらい。しかも花びらはくすんだ色合いで、サクラ本来の透き通るような鮮やかなピンクではない。ツバメといえば、美しい初夏の新緑の風のなかをスィ~スィ~♪と泳ぐように梳いて(すいて)飛ぶ姿が印象的で、いかにも優雅で可愛くて大好き♪

逗子の桜も大分開花してきましたね

私はまだツバメを発見していませんよ
皆さん季節に敏感でいいですね~

ウグイスの次はツバメなんですね
探してみよ~っと

ツバメがもどってきたのに出会うのは
ほんとうにうれしいものですよね。
私のところでは先月下旬に見かけました。

昨日、ツバメが10数羽、鳴き交わしながら飛び交っていたよ
ツバメさん、ようこそ

いぶし銀さん、嵐の中の勤務、お疲れ様でした。
まだ強風が残っていますね。
逗子の桜はまだ2分咲き程度ですから散らずに済みました。でもまだ続くかしら?

このブログはそのまま置いておいて、容量の大きいところにコピーとして引っ越しをして続きが書けたら一番良いと思っているけれど、上手くできるかどうかわかりません。
記事が更新されないと(コメントではダメ)1年で消滅するそうで、それは寂しいなぁと思っています。
満杯になることなんて考えていなかったなー
これまで続けられたことを皆さんに感謝です。

アレッ???
コメント消さない方針じゃなかったっけ???

まぁいいですけど、またまた暖かくなって気が狂ってるみたいですね↓

春だなぁ~ 昨日の暴風雨に変わり、爽やかな晴天(・∀・)。空気はひんやりと冷たいが清らかに澄んでいる。胸には一点の曇りなく、気分はスッキリ! 山大好きブログ、Part2のスタートが楽しみです o(^-^)o

ケンの記事全部消したんだ。
正解。スッキリ!
2/3もあのバカが書いていたんだΣ( ̄ロ ̄lll)
本当に迷惑な奴。
死んでもらいたいわ!

今日はこれから夜勤入りです。
悪天候による鉄道の遅れも予想されますので、何時もより早めに出勤するつもりです。
明日は天候回復と予報していますね。

いぶし銀さん、箱根は延期で残念でしたね。
私も今日は丹沢へ久し振りに行こうかと思っていましたが、強風と崩れる天気を懸念して止めました。
お天気の善し悪しで楽しみ方は変わりますよねぇ。

お洒落ないぶし銀さんはブレスレット派で指輪はしないんですね。
私はネックレスが一番し易くて、あとは滅多にしません
でも手作りとなれば愛着もわきますし、いぶし銀さんも作ってみますか?

このブログもついに容量いっぱいになってしまいました。
新しい記事を書こうとしてもできないのでおかしいなぁ~と思っていたら、そういうことでした。
山大好き♪温泉好き好き♪パートⅡを作りたいと思っているのですが、無料のココログではもうできないのかな?と今思案中です。

いぶし銀さん、お久しぶりです。御迷惑をおかけしてます。いろいろありがとう。箱根の水芭蕉、早く観に行けるといいですね。今年の桜も、やや遅咲きのようです。

素敵な指輪ですね。お二人とも。私はブレスレットは時たましますが、指輪ははめたことが有りません。キラキラ輝く作品を拝見して良いなァーと思いました。欲しいなァとも。
今日、私は箱根湿生花園に早咲き水芭蕉を観に行く予定でしたが生憎のお天気で延期しました。
ケンさん 忠告を繰り返しますが“過ぎたるは及ばざるがごとし”です。今後もこの素晴らしいブログを心温まるものにする努力をお互いに心掛けましょう。

ステアクラフトのHP見たよ
カッコ良く写ってたね
にゃんこは器用だねあのカーブのカット、刻印が特に見事だったと思う。
私も最初の作品を作った時は「また作りたい!」と思ったけど、今回は思わなかったな~。疲れの比重が大き過ぎて
今回は「誰かのために作る」とか、自分が「本当に欲しい物」を作るといった動機がどれだけ大切かを痛感したな。
にゃんこも大好きな人と一緒にまた行っておいでよ。

にゃんこのお蔭でケンチャンの名前が多少縮んだね。

ケンチャンの名前が、長くてパソコンで見ても携帯から見ても見にくい。

だから長ったらしいのは やめようよ。

また 作ってみたいよ!

ステアクラフト upされてたね
のりちゃまのもキレイに写ってる
ニャンコちゃん褒められちゃった嬉しいな
いや~楽しかったね
痒かったね~

にゃんこ、お疲れ様でした

不器用なんだよね~ 
仕上がった指輪を改めてみると、鎚目模様は薄いし磨きは足りないし、にゃんこと同じピカピカ仕上げをしたつもりだけれど、写真だと余計にザラザラ感が残っているよね。
刻印も押さえるのや力加減が難しかった。

デザインはあの場で決めたけれど、やってみないと何が上手くできるかわからないね。にゃんこのように後からアイデアが湧くのもわかるなぁ。
私はこれで精一杯だったな。この手作り感に溢れている指輪に満足満足

のりちゃま一生懸命だったよぉ
ブッキ~なのりちゃまがでてきたけど~

今思えば、ドリルで穴をあけた両脇に、肉球マークをつけたら良かったかなって・・・

ひげじい、パソコンは何が何だかサッパリわからずです。
直すために考えうることは色々やってはみたけれどそのせいで直ったとは思えず、何度かシャットダウンと起動を繰り返しているうちにいつの間にかファイルが開けるように、文字が打てるようになっていたの。ってことはまたなるかもしれない?わからない~

私の作品はこうして写真で見ると、磨きも不十分な感じだと改めて思う。
正直いって本当に集中力が切れました。細かい作業の苦手な私には結構シンドイ。でももちろん楽しくもある。
これぞ世界にたった一つに間違いないので、愛着は抜群です

ペコちゃん、当たり
でもこんなんじゃあ買った方がいいかもしれないなぁ~なんて思えちゃう自分の不器用さでした

ケンチャン、私達充実を通り越して疲れ切った顔をしていると思うけれど

本番は、もしかしてマリッジリングとか?o(^-^)o ワクワクッ♪

大袈裟なだけ?


ご機嫌とり?

堪能した こういうテクニカルな記事が大好きなのだ/ 特に、にゃんことノリチャンの個性の違いが際立って活写されているくだりは、とても楽しく興味深く読んだ。それぞれの性格と傾向が鮮やかに描かれていて、ほんとうに面白い楽しい 指輪の作業工程も極めて興味深く読んだ。荒金を叩いて練って、熱して冷やしてを繰り返し、鍛え上げて強靭にし、最後にピカピカに磨き上げ、卑金属から貴金属へと変容を遂げる過程は観る者を圧倒し、人を惹き付ける魔力がある。人間修行の成長過程とよく似ているなと思った 金属と人間の相似性を感じて興味深かった。集合的無意識の領域を発見した偉大な心理学者ユングの『錬金術と深層心理学の類似性』を思い出した。汗と熱と埃にまみれながら長時間に渡る金属との格闘を終えて、手作りの指輪を嵌めて微笑むノリチャンとにゃんこの勝利の笑顔は、夕陽に輝く指輪に負けないほど美しかった。

パソコン直って良かったね。
手作りの指輪、素敵じゃないですか
世界に只一つのオリジナル作品だから愛着も湧くってものだよね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀細工第2弾~指輪作り~:

« 江ノ島水族館 | トップページ | ブログ、引越ました! »